アンデッド  ~ホラーな気分の時に~

小説の書評と感想
アンデッド 著者 福澤徹三おまえの怨みを晴らしてやろう。かわりにおまえのからだを貸せ。それは、不死者からの恐怖の呼び声だった―。不知火高校で起こる凄惨な連続殺人事件。被害者は全員、同じ不良グループに属しており、殺される前に、奇妙な電話を受けていた。しわがれた男の声が告げる「…ニワメ、…ニワハ」の謎とは?異形のものが見える少女・神山美咲が真実に挑む!大藪春彦賞作家が、本当の恐怖を描く、書き下ろしホラー最新作。著者について1962年福岡県生まれ。デザイナー、コピーライター、専門学校講師を経て作家活動に入る。『すじぼり』(角川書店)で第10回大藪春彦賞受賞。そのほかの著書に『オトシモノ』など。どこの学校でも起こるいじめ。この話はいじめから始まる話である。気分が悪くなるような話でもある。しかしそれが現実である。現実であるが為に受け止めなければならない。さらに文芸部。ホラーと青春時代同居である。そして定番の肝試し。この肝試しで話が出来上がってくる。体を乗っ取られるのである。そして復讐を行う。目には目を歯には歯を。悪者を制裁する。拷問をして制裁する。色々な拷問があり いろいろな知識をこの本から学べるかもしれない。ただしその知識は人生において必要なのかは疑問である。好きな方には知識を得ることができる小説である。アンデッド (角川ホラー文庫)新品価格¥555から(2015/10/18 20:15時点)アンデッド [ 福澤徹三 ]価格:555円(2015/10/18 20:17時点)感想(2件)にほんブログ村
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました