月の子 清水玲子

小説の書評と感想
ひさしぶりに読むと新たな感想が湧いてくる。読むタイミングや年齢で感じるもの、見えるものが変化するからなんだろうね。それなのに、何度も読んでいる作品ほど感想記事を書いていない。『月の子』も幾度となく再読しているのに感想記事が無い。以前はどう思ったのか、あやふやな印象だけしか残ってないのは残念。これからも何度も読むだろうから、そのとき比較できるように、今のわたしの読んだ感想を書いておこう。全体むかしは反原発のイメージが強かった。多分同時期に山岸凉子『パエトーン』広瀬隆『危険な話』などを読んでいたからだと思う。テーマ的にマイブームだったのかも。今読了してみても、やっぱり「もうそんなこわいユメは忘れておしまい」には背筋が凍る。こわいユメのガスマスクで演奏する音楽家が今現在に重なる。草木生えない死の惑星になる、という予言は200年の後のこと。22世紀にどうなっているのか。それはそうと。スルーしてて忘れたけど、これは『人魚姫』の物語だった。次世代の人魚姫 ベンジャミン セツ ティルト その中で選ばれたのはベンジャミンでまたも人間の王子様に恋してしまったのだけれど、選ばれなかったはずのセツもティルトも命がけの愛を受け取ることができた。次世代の人魚姫たちはみんな愛された。それにつけても月のサカナの恐ろしさよ。腹にぶっ刺して(よゐこ濱口が)「獲ったどー!」できるのは、水中のサカナが悲鳴をあげないからなのかもなぁ。ジミー(ベンジャミン)泣きすぎ。清水玲子作品の登場人物は老いも若きも男も女もよーく泣くけど、その中でもジミーは泣いてないコマの方が少ないんじゃないか?ってほど泣いている。ティルトがむかつ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました