短歌研究会A第68回

小説の書評と感想
 6月17日午前10時より、メンバー3人が橘曙覧記念館の会議室にて、短歌研究会A第68回を持った。 同・第67回はコロナ禍のため、スマホのSMSでの2人歌会を4月19日に記事アップし、5月は休会した。
 会議室には、4脚の長椅子がロの自型に並べられている。少し早く着いた僕は、小窓2つを開けておいた。 TさんとMさんが現れて、Mさんはカップのタピオカジュースを提供してくださった。歌誌の貸し借り等のあと、短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討である。Mさんの12首より。 1首めの2句3句「栗の花房咲き盛り」の3句を、「咲き垂れて」にするよう、Tさんが奨めた。 8首めの2句3句「畑隅に植うコスモスの」の「植う」を、「植うる」にするよう、僕が奨めた。Tさんの9首より。 1首めの2句3句「木暗らがりにきらきらと」は3人で検討して、「木下の陰をきはやかに」で納まった。 2首めの結句「踏まんとしたる」は、本人にも引っ掛かりがあったようで、「踏みさうになる」を僕が奨めた。僕の10首より。 1首めの、男1人で卵かけご飯を食べる贅沢感は、わかりにくかったようだ。 7首めの「レジスタンス」の語をグーグルで捜し出す歌より、奥さんの歌をもっと詠むようにと、Tさんに請われた。 検討を了え、次回の日程を決め、11時半頃に散会した。 写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました