「ぼくたちは勉強ができない17」筒井大志 ジャンプコミックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは筒井大志さんの「ぼくたちは勉強ができない17」です!前巻の記事↓
ストーリー Aうるかの海外留学を前に卒業旅行にきた成幸たち。みんなで楽しくスキーをしていたが、成幸はうるかの告白が気になってどこか上の空だった。しかし成幸は風邪をひいて倒れてしまう。看病をする文乃、理珠、うるか…そこで3人はそれぞれが成幸に同じ想いを抱いていることを知る。そして卒業式の日、うるかの告白の返事をできないままでいた成幸は最後に思いを伝えようとするが、大雨でうるかは卒業式に出席しないまま旅立つことになり…〜離れ離れになる前に〜シリーズ第17弾!そして完結!まさかのうるかエンドでしたね…連載開始当初は理珠か文乃が勝つと信じて疑っていなかったんですけど…まぁここ数巻は確実にうるか有利でしたし衝撃ではないんですけどね…ともあれこの作品らしい終わり方で個人的には大満足でした!面白かったです!卒業旅行として泊まりがけでスキー場にやってきた成幸たち。楽しいはずのスキー旅行ですが、成幸はうるかの告白が気になって…うるかにあそこまで真っ直ぐな思いを伝えられたらそりゃこうなりますよね…そして風邪をひいてしまう成幸。彼のことを看病するために文乃が成幸と2人きりになったとき魔がさして…うん、普通だったらここで泥沼の展開ですけど、それをしないうるかと理珠の優しさがしますね…特に理珠は文乃がどれだけ迷って辛い思いをしていた察して…おして中学時代の回想へ。父親を失いボロボロな時に支えてくれた女の子。こんな過去を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました