『如何様』(朝日新聞出版) – 著者: 高山羽根子 – 鴻巣 友季子による書評

書評総合

『如何様』(朝日新聞出版) 著者:高山羽根子
真贋・自他の境界線かき乱す
『如何様』の表題作を読みながら時おり思い浮かべていたのは、昨年末の「紅白歌合戦」に登場した“AIで復元した美空ひばり”だった。これには否定的な声もあがった。しかし、その人工の声に歌姫の神髄を感じて涙するファンに、「模造品に感動するなんて」などと言う気には、私はなれない。「如何様」は、真贋とはなにか、人や物の同一性とはなにか、自己と他者の境界はどこにあるか、人はなにをもってその個人になるのかといった存在論的、イデア論的な問いを真正面から投げかける野心作である。物語の舞台は、爆撃の記憶もいまだあせない戦後の東京。語り手の女性は記者兼探偵として、画家「平泉貫一」の自宅を訪ねる。ある美術編集者から、この画家が平泉貫一本人なのか調べてほしいという奇妙な依頼を受けてのことだった。貫一は戦前、そこそこ名の知られた水彩画家だったが、復員時には以前とは似ても似つかぬ容貌になり、性格も一変していた。とはいえ、身分証となる書類一式を携えており、帰還を待ちわびていた両親はこの男を一人息子として受け入れ、欣喜(きんき)する。本作後半には、夫を丸呑みにした蛇を夫とみなして共に暮らす妻子の例も出てくるが、そこにこの夫の“夫性”があると思うなら、だれにも否定できないだろう。そのうち、貫一はふらっと出奔してしまったという。語り手は、戦前の貫一の顔をろくに知らない妻「タエ」のほか、貫一の妾、画廊主、軍の部隊長、軍医、分隊長、分隊長補佐と、聴き取りを進めていく。この人々は各々の観点から、平泉貫

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました