「処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな」葵遼太 新潮文庫nex

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは葵遼太さんの「処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな」です!病気で彼女を失い留年した佐藤晃。二度目の高校三年生を迎えた彼は、始業式の日に同じクラスになった白波瀬巳緒に話しかけられる。誰とも仲良くしないと決めていた佐藤だが、遠慮のない白波瀬の性格によって近くの席のオタク男子の和久井、吃音持ちだけど綺麗な歌声を持つ少女・御堂楓と共に同盟を作りバンドを始めることになる。かつて死んでしまった彼女と共にバンドを組んでいた佐藤は、過ぎゆく日々の中に彼女と過ごした日々を思い出しながら学園祭に向けてバンド活動を続けていく…発売前からTwitterで編集さんが頑張って推されていたこと、タイトルとあらすじが気になったこともあり購入。鮮烈な印象を残す素敵な青春小説でした。面白かったです。物語は彼氏と初めて一夜を過ごした少女のプロローグから始まります。とても幸せで優しくて甘い朝。これからどんな物語が始まるのかと期待し、そしてこれからの物語を想像して切なくなる語りでした。そして視点は主人公の佐藤へと移り、2回目の高校三年生を迎える彼のお話が始まります。留年したこともあり大人しくしようとしていた佐藤。しかしその希望は白波瀬というギャル風の見た目をした少女によって打ち砕かれます。遠慮無く距離を詰めてくる彼女に逆えず、オタク男子の和久井、吃音持ちの御堂という少女を含めた4人グループが完成。バンドを組み音楽をすることになります。彼ら4人の出会いはきっと必然ではなくて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました