『別冊映画秘宝 戦慄のスラッシャー映画伝説!!』(洋泉社) – 著者: 中原 昌也 – 柳下 毅一郎による書評

書評総合

『別冊映画秘宝戦慄のスラッシャー映画伝説!!』(洋泉社) 著者:中原 昌也
正体不明の殺人鬼のごとく闇に溶け込むスラッシャー映画に光を!
バロック化したサブジャンル“スラッシャー映画”に、今いちど光を当てる
スラッシャー映画は80年代に全盛をきわめたホラー映画のサブジャンルである。正体不明の怪人が次々に無辜な犠牲者を襲い、惨殺してゆく。ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』(78年)をその嚆矢とし、『13日の金曜日』(80年)のヒットにより爆発的に広がった。だがどんなにヒットしようと、スラッシャーは尊敬される映画にはならず、批評の対象にもならなかった。「セックスのかわりに殺人シーンのあるポルノ」と呼ばれ、もっぱらティーンエイジャーが観に行ってわいわい騒ぐための映画とみなされていた。殺人シーンとその趣向だけが注目されていたため、作り手はもっぱら派手で残酷な殺人シーン、誰も使っていない凶器、珍妙な動機にこだわり、映画はたちまちバロック化してゆく。作り手からも観客からも飽きられたジャンルは、『羊たちの沈黙』(91年)のヒットにより、「リアル」なサイコ・キラーが流行し、スラッシャー映画の約束ごとをネタにするメタ・スラッシャー『スクリーム』(96年)の登場によって完全にとどめを刺されることになる。ホラー映画史の徒花として散っていったその映画ジャンルに、今いちど光を当てようとするのが本書である。本書は大きく7つのパートに分けられ、それぞれに映画が紹介されていく。パート1は記念日別、『ハロウィン』だけでなく、バレンタインデー(『血のバレンタイン』)、クリスマス(『

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました