やりたいことは全部やる『キミオアライブ』

書評総合
病院のベッドで、ひたすらノートに書く少年。大病を患い、未来に絶望しかない状況で、「やりたいこと」を書き続ける。リストには、たくさんの「夢」が並んでいる。リコーダーを吹きたい風船の中に入ってみたい自分で考えた物語を本にしたい部屋中を使ってピタゴラ装置をつくりたい空を飛びたい………………ささやかな願いから、とんでもない冒険まで、さまざまな夢がある。あなたは、こんな「やりたいこと」リストを作ったことがあるだろうか?わたしはある。むかし「夢ノート」が流行ったとき、やりたいこと、行きたいところ、食べたいものなどを綴った覚えがある。リストを作り、名前を付けて保存した。それから十年にもなる。しかし、少年は違う。名前はキミオ、『キミオアライブ』の主人公だ。ノートに、やりたいことを書く書いたことは、必ず実行する実行したら線を引くキミオは、律儀に、真面目に、一つ一つ、実行していく。「リコーダーを吹く」は簡単にできるが、ピタゴラ装置はちょっと大変かも。さらに、「空を飛ぶ」のはもっと難しい。飛行機に乗ればいいのか? あるいは、[ジェットマン] や [ウイングスーツ] みたく、命をカネをかけて飛ぶのか? できない理由ではなく、できる方法を探すしかし、キミオは違う。別の方法で「空を飛びたい」を実現する。ここが、キミオとわたしの大きな違いだ。わたしは、「やりたいこと」が浮かんだとき、まず、その「できない理由」を探し始める。お金が無いから、もっと時間があったなら、スキルが足りない、仲間が必要、そもそも法律で許されているの? なんて考えてるうち、名前を付けて保存したくなる。一方、キミオはこう考える。「もしそれを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました