[読書ノート]イサの氾濫

書評総合


著者:木村 友祐  出版社:未來社  2016年3月刊  ,944(税込)  158P

    ご購入は、こちらから

東北を舞台にした短編小説である。

主人公の将司は、40歳を過ぎて職を転々としている。

大学を出て小さな出版社や印刷会社に勤め、本に関わる仕事をしていたこともあるが、人間関係につまずいたり仕事がきつかったりして、さまざまな仕事をわたりあるくようになった。

フリーターや転職を美化する風潮もあり、30代のうちは「まだやりなおせる」と自分に言い聞かせることもできた。
しかし、40代をむかえてしまった今、自分が恐れていた事態に陥ってしまったことをはっきりと自覚した。

金もない、女もいない、友だちもいない、顔もよくない、服選びのセンスもない、夢もない、人づきあいもうまくできない、仕事もできない、機転が利かない、愛想もない、おもしろくない、人に好かれない、暮らしを楽しめない、つまり人としての魅力がない。ない。ない。ない……。

ないないづくしのなか、いつも決まって見る夢のなかに、叔父の「イサ」
が現れるようになった。


「イサ」こと川村勇雄は、かつて器物損壊、暴行、船の上で人を刺した傷害罪などで前科十犯以上を重ねた男だった。

将司の父より4歳下なので、数えで71歳になるはずだが、どこで暮らしているのか誰もしらない。

犯罪や暴力と無縁に生きてきた自分の身内にそんな荒くれ男がいるということを不思議に思い、将司は叔父のことを調べてみることにする。

帰省して親戚に話を聞くうちに、なぜ叔父がそんなに荒くれるようになったのかだんだん明

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました