『日本語のために』(河出書房新社) – 著者: – 鴻巣 友季子による書評

書評総合

『日本語のために』(河出書房新社)
形成に関わる前代未聞の「アンソロジー」
日本語のネイティヴスピーカーは、「漢字仮名交じり文」をもつ自分たちの言語が相当入り組んだ造りであることは自覚している。とはいえ、どんな成立過程を経てこうした造りになったのかには、意外と無関心のように思う。『日本語のために』は、祝詞、漢詩、漢文、仏教典、キリスト教典、琉球語・アイヌ語の文献、五十音図、シェイクスピアの邦訳、大日本帝国憲法、日本国憲法など、日本語の形成に深く関わる、あるいは、その時代の日本語の特徴を顕著に表す文章、文書のサンプルを広範に採集し解説を加えた前代未聞の「アンソロジー」である。かつて国語教育を鋭く批判した丸谷才一の『日本語のために』(1974年刊)を意識したタイトルだろう。中立的な見本収集では当然なく、編纂(へんさん)の仕方は高度に批評的だ。本書中の文章のほとんどが、翻訳を通して/に伴って作られたものであることは、言うまでもない。日本に二度の「大翻訳時代」があるなら、それは奈良・平安と明治・大正時代。前者の頃には、中国から漢字、漢文が、後者の頃には、西洋の言語が輸入され、翻訳を通して日本語化したが、その際には、アクロバティックな工夫が色々となされた。たとえば、漢字に二種類の読み方をあたえたこと。漢字とは文字であり、一つ一つが「単語」でもあるが、「犬」に「ケン」という中国風の読み方のほか、「イヌ」というやまとことばでの読みも付けた。この大胆な発案を、本書で池澤夏樹は「dogをイヌと発音すること」と同じぐらい「とんでもない飛躍」だと表現する。ここに日本語の二重、三重構造化が始まった

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました