チャレンジタッチの計算アプリに激ハマり

絵本の書評と感想
【育児記事目次】 うちの小3のあんぽんたん。現在、進研ゼミ小学講座のチェレンジタッチを受講中。(タブレットは受講するとタダでもらえる)その中に入っている計算ゲームに激ハマり。自己最高得点を目指し、せっせと遊んでいる。12×14をひっ算で計算せずに10×14=1402×14=28足すと答えは168みたいな感じで、計算しやすい数で区切って暗算。 まだまだ完璧には程遠いが、このゲームに慣れてきて、答えが3桁のかけ算の暗算スピードがあがってきた。しかし、先日、算数のテストで「ひっ算で解く過程も書きなさい」という指示があるのに、勝手に暗算し、点をとりこぼす凡ミス 「答え分かってるからいーじゃん!」と開き直る悪ガキ。「ダメ!問題をよく読みなさい」 ひっ算に関して「もっと簡単に計算できる方法はある。インド式の算数を見習ってほしい」と、昔、数学講師の方がおっしゃっていたが。でも、問題に「ひっ算で解け」という指示があったら、暗算しちゃダメだこりゃ。 おっちょこちょいで、文章ちゃんと読まないあんぽんたんにうなだれる母であった。 でも「おっちょこちょいなのは、あなたにそっくりじゃない」と母に言われって感じでしたm(__)m そう言えば、おかんによく「問題よく読め」って怒られてたの私だわ紛れもなく、私の遺伝子たぶん一生治らない でも、チャレンジタッチはゲーム感覚でめっちゃ勉強してくれるからありがたい(※あくまでうちの子の感想ですm(__)m紙タイプのテキストかタブレット、どちらかを選択でき、「筆圧が大事だから紙での学習が良

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました