「ワンダンス2」珈琲 アフタヌーンコミックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは珈琲さんの「ワンダンス2」です!前巻の記事↓ストーリー Aコンテストの選抜メンバーに選ばれた湾田と花木。2人で特訓を重ねながらコンテストへ向けて練習を重ねていた。そんな中、同じく一年生の仁上ゆらは自分がコンテストに選ばれなかったことを納得していなかった。ゆらは部長の恩にそのことを思わず聞いてしまうが…一方の花木は二年生の男子部員・伊折と出会う。突然ダンスバトルをすることになった花木は…〜伊折先輩登場〜シリーズ第2弾!もうブログで紹介していたと思ったらまだでした(^_^;)1巻、2巻に新装版というか新しいカバー?がつけられるくらい人気で「のぼる小寺さん」の影響もあって着実に知名度を増して来ていますね!2巻も面白かったです!まず序盤。コンテストに選ばれた花木はゆらちゃんになぜか厳しい目を向けられていて…花木は割と友達の中でうまくやっている印象があったんですけど、やっぱり彼なりの悩みとかあるんだなと思いました。難しい…そしてゆらちゃんは自分がコンテストの出場メンバーに選ばれなかった竜を恩ちゃんに聞いて…恩ちゃんの回答はゆらちゃんには納得してもらえなかったみたいですけど、みんなに合わせることが大事だと思っていたゆらちゃんに何かを気づかせるきっかけになってもらったようでよかったですね。さすが恩ちゃん。そして湾田ちゃんと花木くんと3人で踊ることに。こういう風にゆらちゃんをダンスに誘えるのは湾田ちゃんのいいところですよね…ゆらちゃんも最後は湾田ちゃんとゆらちゃんに感じてい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました