金のがちょう #ピクシー絵本

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:神話・伝承全般


 



 

伝承童話には奇想天外なものが少なくないですが、このお話もそのひとつといえそう。

「金のがちょう(Die goldene Gans)」。

 

グリム童話のなかでもわりと知られたお話なので、内容をご存知の方も多いかもしれません。

 

ある木こりに3人の息子がいました。

長男・次男とも、お弁当にケーキとワインを持って森へ木を切りに行き、出会った小人にそのケーキとワインをわけてもらえないかといわれますが、ことわったせいか、ケガをして帰ってきます。

 

「それなら、自分が」と三男が森へ出かけます。

この三男は家族にぞんざいな扱いをされていて、持たされたお弁当はこげたケーキとすっぱくなったミルク(大丈夫?)。

 

兄たちとおなじように、三男坊も森で小人に出会い、お弁当をわけてほしいといわれました。

 



 

「あまりおいしくないと思うけど」といいながら、気前よくあげると、ケーキもミルクも上等なものに変わりました。

 

そして、小人のいうとおりに木を切ると、中から なんと金のがちょうが!

 



 

ここからの展開が意表をつくことの連続なのですが、続きは次回。

 

商品情報はこちらです。

 

 





Source:

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました