土手の伊勢屋 訪問レポート 〜 明治22年創業の吉原大門 角の天丼屋は風情たっぷりボリュームも満点の大迫力!! [下町グルメ]

書評総合
台東区日本堤の吉原大門の交差点すぐのところにある天丼屋さん「土手の伊勢屋」に行ってきたのでご紹介。
土手の伊勢屋の最寄り駅は三ノ輪だが、僕はこのお店に来るときはだいたい南千住駅から15分ほど歩いて来ることが多い。
土手の伊勢屋の創業は明治22年、1889年だという。
当時は吉原遊廓華やかな時代で、遊廓に遊びに来る人達で賑わったそうだ。
僕が初めて土手の伊勢屋に来たのは20代半ばで、当時は三代目店主が出す、甘くて濃いタレと、モコモコの衣、そしてごま油で揚げためちゃくちゃインパクトの強い天丼だった。
その後四代目を経て2005年からアルバイトとして入店した若者谷原秋光氏が五代目を襲名した。
僕が前回このお店に来た2015年は五代目が大活躍していた時期で、天丼も今風の洗練されたものに変わっていた。
しかしその後、五代目・谷原秋光氏が独立して浅草に「天麩羅 秋光」を出店する際にトラブルがあったようだ。
五代目の関する記述は「土手の伊勢屋」の公式サイトからすべて抹消されている。
現状の公式サイトでは、2015年に三代目から四代目に引き継がれたという形に歴史が変更されてしまっていてちょっと残念。
というわけで、今回は五代目から四代目に先祖返りしてから初めての土手の伊勢屋訪問となった。
さっそく紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

土手の伊勢屋 基本情報
土手の伊勢屋 お店の外観
▲ やってきました、土手の伊勢屋。
この日は土曜日で、11時の開店10分前くらいに到着したが、もう結構な人数が行

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました