『パラリンピックと日本 知られざる60年史』(集英社) – 著者: 田中 圭太郎 – 田中 圭太郎による自著解説

書評総合

『パラリンピックと日本 知られざる60年史』(集英社) 著者:田中 圭太郎
パラリンピックがいつどこで始まったか、知る人は少ない。そして、パラリンピックの発展に、日本という国が深く関わっていることも、ほとんどの日本人は知らない。「パラリンピック」の名を冠した初めての国際スポーツ大会は、一九六四年の東京パラリンピックである。イギリスの小さな村の病院で行われた障害者スポーツ大会を始まりとして、この病院で研修した一人の日本人医師が東京大会を実現させたのが、現在に至るパラリンピックの源流である。その源流は、日本の障害者福祉や医療に一大変革をもたらし、アジア・南太平洋地域の国々にも障害者スポーツを普及させる役割を担った。そしてリハビリスポーツから競技スポーツへと進化していく過程でも、多くの人々の活躍と苦闘があった。またパラリンピックと障害者スポーツの支援には、皇室メンバーも深く関わっていたのだ。いよいよ東京で二度目のパラリンピックが開催されようとしている。パラリンピック六〇年の歴史を紐解きながら、これに関わった多くの人びとのドラマを描く、日本の障害者スポーツ史の決定版である。 
パラリンピックから見える日本
私が育った大分市では、公道で車いすのレースが行われていた。大会の名前は、大分国際車いすマラソン。自宅の近所がコースになっていたため、小学生の頃、何度か観に行ったことがある。歩道で待っていると、現れたのは想像を超えた速さで走る選手たちだった。前輪がついた車いすに乗った選手は前傾姿勢になり、筋肉が隆起した両腕をリズミカルに動かしながら車輪を回す。あっという間に目の前を駆け抜け

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました