「少女と猫とお人好しダークエルフの魔石工房」江本マシメサ BKブックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは江本マシメサさんの「少女と猫とお人好しダークエルフの魔石工房」です!ストーリー A内容は、生まれてから森の奥で父親と賢者のお爺さんと暮らしてきた少女・エル。彼女あは父親が行方不明となり師として面倒を見てもらっていた賢者も亡くなったことで天涯孤独の身となる。行方不明の父親を探すために猫妖精のヨヨと共に王都に向かうエル。しかし立ち寄った村ではあらぬ誤解をかけられたり悪い大人に騙されそうになったりと散々だった。そうしてたどり着いた王都でダークエルフの魔石技師・イングリットで出会う。彼女に魔石を提供する代わりに下宿させてもらえることになったエルは父親が行方不明になった真相を知り…とこんな感じです!〜少女と猫とファンタジー〜江本マシメサさんの作品!大好きな作家さんなのですが、ここ1年は作品を発表されるスピードに読む方が全然追いつかず…積んでいる作品も早く読みたいです…ダークな要素がありつつもエルという1人の少女がファンタジーな世界でたくましく生き抜いていく様子は読んでいてとてもワクワクしました!面白かったです!序盤はエルが天涯孤独の身となるまでのお話が語られます。父親が帰ってこなくなり、魔法の師匠であり賢者のモーリッツと過ごす日々…しかしモーリッツが老衰で亡くなったことでエルは1人に…重たいシーンではあるのですが、モーリッツが生前どれだけの愛情をもってエルを育てていたのか物語が進むにつれて実感しましたね…エルのことを支える猫妖精のヨヨもかわいいだけじゃなくてエルの良き

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました