『人生に行き詰まった僕は、喫茶店で答えを見つけた』(祥伝社) – 著者: 赤澤智 – 赤澤 智による内容紹介

書評総合

『人生に行き詰まった僕は、喫茶店で答えを見つけた』(祥伝社) 著者:赤澤智
徹底的に研究して作り上げた「失敗マニュアル」
「100%成功する方法はないが、必ず失敗する方法はある。その逆を実行すれば、夢はかなうんです」――テレビやラジオ、雑誌などさまざまなメディアに登場する横浜の名物カフェ、「珈琲文明」。マスター赤澤智氏は、成功する店づくりを徹底的に研究した結果、「絶対に失敗するマニュアル」を完成させます。そのマニュアルの逆を実践し成功しているのが、「珈琲文明」です。そんな名物マスター・赤澤氏による、実話をもとにしたビジネス小説をお届けします。ラジオ制作会社で働いてきた40代の二羽信宏と、内定先の企業で働くことに漠然とした疑問を抱いている大学生、牧野実里の2人に、赤澤氏が閉店後、特別授業を開きます。その授業で、二人はどう変わっていくのか。自分の人生に行き詰まりを感じ、環境を変えたいと思っている人たちの背中を押す一冊。先の見えない時代だからこそ、雇われず、雇わずに、自分で生きていくヒントが満載です。赤澤さんの授業は全7回。今回は特別に、その一つをご紹介しましょう。 
珈琲文明マスター赤澤智の授業「夢を現実としてとらえる」
芽生えた夢が妄想であると自覚する
夢ができた。その時に感じた、ワクワクした気持ち、未来を想像してはドキドキした記憶は私にも経験があります。最初はバンドでの成功を目指し、そして、喫茶店の店長になることを目指すと決めたときの、あの、独特の高揚感は今もはっきり覚えています。そして、夢が芽生えたら、そこには妄想が生まれます。やったことがないことというのは、大抵

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました