Kindle版「室生犀星作品集」より、童話とエッセイを読む

小説の書評と感想
 Kindle版「室生犀星作品集」より、童話とエッセイを読む。 怪談とエッセイ2編をを読んだ前回は、先の5月17日の記事にアップした。
 童話は「不思議な魚」と題する。漁師の息子が、ガラス箱の中の小さな人魚を二つ買い、海に戻らせる。ある鰯漁で、漁師と息子は、人魚のおかげで大漁を得る。 地蔵や動物の恩返しものだが、人魚、漁師の点が新しい。初出「キング」1926年11月号、底本の親本「室生犀星童話全集 第3」1978年・刊。 エッセイは、「交友録」と題する、短い作品である。朔太郎や白秋、他との交友を述べる。 いずれ出版社に頼まれて、困ったあげくに書いたものだろう。しかし後の「我が愛する詩人の伝記」に繋がるとすれば、貴重である。底本の親本「室生犀星全集 第7巻」新潮社、1964年・刊。写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました