『牛疫――兵器化され、根絶されたウイルス』(みすず書房) – 著者: アマンダ・ケイ・マクヴェティ – 山内一也による後書き

書評総合

『牛疫――兵器化され、根絶されたウイルス』(みすず書房) 著者:アマンダ・ケイ・マクヴェティ
根絶に成功した二種のウイルス感染症のひとつ、「牛疫」。その歴史について詳述した本書『牛疫』の邦訳刊行に際し『ウイルスの意味論』などの著者である東京大学名誉教授、山内一也氏による訳者あとがきをお届けします。
たびたび世界史をゆるがしてきたウイルス感染症「牛疫」との戦いの物語
本書は、牛の致死的ウイルス感染症である牛疫との150年にわたる人々の戦いの物語である。現在「牛疫」の名前を知る人はきわめて少なく、「牛痘」と混同されることが多いが、牛疫は4000年前のパピルスでの記述にも出てくる古くからの病気で、農耕の重要な担い手の牛を全滅させて飢饉をもたらし、4世紀に発生した牛疫が東西ローマの分裂のきっかけとなるなど、たびたび世界史をゆるがしてきた。獣医学および獣医師という職業が誕生するきっかけとなり、OIEの設立、アフリカの植民地化を促進するなど、数多くの歴史的出来事にも関わってきた疫病である。その原因である牛疫ウイルスは、元はコウモリが保有していたものが牛の祖先の原牛に感染したものだと考えられている。牛疫は、2011年に根絶が宣言された。これは、天然痘根絶に次ぐ偉大な成果である。天然痘はジェンナーの種痘を改良したワクチンで根絶されたが、牛疫の根絶は、蠣崎千晴の不活化ワクチンに始まり、エドワーズの山羊順化ワクチン、中村?治のウサギ順化ワクチン、プローライトの耐熱性組織培養ワクチンと、それぞれの時代における最先端のワクチンを用いたことで達成された。しかも、ヒトだけを宿主とする天然痘とは異なり、牛

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました