「三角の距離は限りないゼロ5」岬鷺宮 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは岬鷺宮さんの「三角の距離は限りないゼロ5」です!前巻の記事↓
ストーリー A内容は、修学旅行である約束を交わした矢野。それは秋玻と春珂に同じだけ恋をするということ。年が明け高校3年生を目前に控える中、矢野は進路のことそして秋玻と春珂のことで葛藤していく。そんな中、柊と細野が出版社で職業体験を行うことになり矢野も一緒に行くことに。そこで編集者の野々村と出会い矢野は自分のするべきこと、しなければいけないことについて考えはじめ…とこんな感じです!〜二人に同じだけの恋〜シリーズ第5弾!今回でいよいよ物語も終盤に入ってきましたね…前巻、そして今回と青春に必要な遠回りを経てつながるラストはやっぱりとは思いつつもこれからがより一層楽しみになりました。面白かったです!修学旅行の帰りからお話は始まります。遊園地で話したこと、そして交わした約束…多分これが2人の女の子だったらシンプルなんですけど、2人の人格に一つの体なので余計に…2人に恋をするってすごく難しいですよね…そして始まる秋玻と春珂に同じだけ恋をする日々。秋玻にキスをしたら春珂にもキスをして、秋玻にエッチなことをしたら春珂にもして…ドキドキしてほしいとあとがきにありましたけど、これはドキドキしますね…とてもえっちだと思います(真顔)しかしそんな日々の中でどうしても苦しさが拭えない矢野。好きになれるのは1人だけ。でも2人に恋をしなければならない。恋愛的に好きじゃない相手とスキンシップをする後ろめたさと、決められない自分の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました