株式市場は新コロ禍をすでに克服、米中対立は織り込み済み、米暴動も追い風(金融日記 Weekly 2020/5/29-2020/6/5)

ビジネス書の書評と感想
TOPIX: 1612.48, +3.1% (1w), -6.3% (YTD)Nikkei225: 22863.73, +4.5% (1w), -3.4% (YTD)S&P500: 3193.93, +4.9% (1w), -1.1% (YTD)USD/JPY: 109.62, +1.6% (1w), +0.9% (YTD)EUR/JPY: 123.75, +3.3% (1w), +1.6% (YTD)Oil(WTI Futures): 39.55, +11.4% (1w), -35.4% (YTD)
 先週、筆者らはしめやかにコロナバブルを逃した反省会を開催した。そして、さすがにそこからすこしは下がるのではないか、と密かに期待していた。すこしは下落してくれて、バブルに乗り遅れてしまった人たちに、株を買うチャンスが再び訪れるのではないか、と……。
『週刊金融日記 第422号 コロナバブルに乗れなかった僕たちの反省会』
★S&P500のPERなどの指標は歴史的な高水準に達している。
FactSet@FactSetThe forward 12-month P/E ratio for $SPX of 21.5 is at its highest levels since January 2002. https://t.co/eQTjXfg2dc https://t.co/TraCcVAmkw2020/06/01 03:36:02
 しかし、PERなどの指標から歴史的な高値圏で推移していた株価はさらに上昇し、ショートしていたトレーダーたちを情け容赦なく焼き払い、それ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました