「吸血鬼に天国はない(3)」周藤蓮 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは周藤蓮さんの「吸血鬼に天国はない(3)」です!前巻の記事↓ストーリー A内容は、個人で運営していた運び屋をニコベルとリンの2名を加えて会社としてスタートさせたシーモア。しかし裏の仕事から足を洗ったこともあり業績は芳しくなかった。そんなある日、死神と呼ばれる稀代の殺人鬼が脱獄したとの情報が世間を賑わせる。そしてシーモアの元へやってくかつて死神を逮捕した捜査官。彼はシーモアに死神の捕獲依頼をしてきて…一方、ルーミアにもある筋から死神の討伐を手伝ってほしいと依頼があり…とこんな感じです!〜吸血鬼VS死神〜シリーズ第3弾!今回でシーモアとルーミアの関係が一旦落ち着いたというか方向性が定まった感じですかね?前巻の伏線であるボーデン家の死神についてもお話が進みこれからがさらに楽しみなお話でした!面白かったです!まず序盤。シーモアとルーミアのやりとりはずるいですね。この2人がただ会話するこの描写でこれだけ魅せるシーンになってるの最早反則ですよ…タバコを手に持つルーミアの見開きイラストも控え目に言って最高ですね。今回は前巻でルーミアと友達?になったボーデン家の死神にまつわるお話となります。脱獄した稀代の殺人鬼<死神>。彼女は脱獄後、1人の少女と共に彼女の仕業かどうかもわからぬ殺人事件を起こし続け…そしてシーモアのもとに持ち込まれる依頼。それはかつて死神を逮捕した男からの捕獲を手伝えというもの。会社の経営が厳しいシーモアはそれに飛びつきますが…依頼主の男も歪んでますね…最初は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました