『山本容子のアーティスト図鑑 100と19のポートレイト』(文藝春秋) – 著者: 山本 容子 – 江國 香織による書評

書評総合

『山本容子のアーティスト図鑑 100と19のポートレイト』(文藝春秋) 著者:山本 容子
小さな肖像画から立ち現れる物語
ちょうどいい具合に大きくて、草色の地に濃いピンクの背文字が美しい。ひらいて、と言っているかのようにやわらかな表紙。この鮮やかな朱色の本はとても愉しい。題名にある通り「図鑑」なので、どの頁から読み始めてもいい。そこにはマルグリット・デュラスがいて、円地文子がいて、グレアム・グリーンがいる。エディット・ピアフがいて、ピアソラがいて、モランディがいて、ロートレックがいる。河上徹太郎がいて、佐藤春夫がいて、志ん生がいる。私は強烈になつかしいと思った。誰にも会ったことがないのに、ああ、この気配、と思った。それは何の、誰の、いつの記憶なのだろう。蔵書票を模したという一一九枚の肖像画は、一一九人のアーティストたちの姿かたちばかりじゃなく、作品や作風、趣味嗜好、さらにそれ以上の何かまで立ちのぼらせる。やや不気味だったりユーモラスだったり、シュールだったりシニカルだったり、一つずつの風味はちがうけれどどれも見事に美しく、洒脱で、慎み深い。これらの絵が映すのはその人の物語だ。だからパブロ・カザルスの絵からはチェロの音がきこえてくるし、エスコフィエの絵を見ると気に入りのレストランに外食しに行きたくなる。エミリ・ディキンスンの肖像からは詩が立ち現れる。なかでもとりわけ息をのんだのは、トーベ・ヤンソンのポーズおよび表情、澄んだつめたい空気と、コルトレーンの足元に咲いているすみれ。最高。 どの絵にも、短い文章が添えられている。「水彩紙の上の、水をたっぷりと含んだ筆致に感じる信頼」(ヴ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました