カイタイ新書 -何度も「買いたい」仕組みのつくり方- 著者 中川悠

小説の書評と感想
カイタイ新書-何度も「買いたい」仕組みのつくり方-著者 中川悠新たな知識を求めてこの本と出逢う。モノ余りの時代だからこそ、工夫が必要になってくる。ピータードラッカー氏はマネージメントと言う著書で語る。「マーケティングの理想は、セールスを不要にすることである」。つまり常に販売し続けるのではなく、持続的に売り続ける仕組みを作ることが大切であると言うことである。一度だけ買いたいと思わせる事は意味がなくなった時代になった。これからは買い続けることを努力しなければいけないしPRしなければいけない。そこで必要なのが何度も買いたいと思うループを作ることである。それが習慣化と言う言葉になってしまう。ビルゲイツは語る。「私は5年間急成長する企業には驚きませんが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出し続けている企業には非常に興味があります要は永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうか、なのです。」大きく分けると社会環境があり、持続的なマーケティングがあり、ヒット習慣を作ることがあり、習慣化することがあり、習慣を予測することがあり、習慣を設計することがあり、触媒を考えることがあり、習慣を広げることがあり、実践があり、成長すると言う流れができあがるのです。POINT.あらゆる手段を総動員して持続的なマーケティングを実現する。POINT.一人当たりの支出を増やす工夫をする。POINT. 1人の顧客が生涯でどれくらい売り上げを企業にもたらすかを高める努力をする。POINT.顧客接点を増やし行動を先読みする。これからは情報過多の生活でありストレスが溜まる一方であります。だからこそ買い物ストレ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました