『Carsick』(Corsair) – 著者: Waters, John – 柳下 毅一郎による書評

書評総合

『Carsick』(Corsair) 著者:Waters, John
70近い老人映画監督がヒッチハイク!? 夢と希望とショックが詰まった冒険譚
2012年5月14日、ジョン・ウォーターズは旅に出た。ボルチモアの自宅から、サンフランシスコまでヒッチハイクで行こうというのである。「なんでわざわざそんな苦行をしようというのよ」と友人たちは言う。若いころ、ウォーターズはしょっちゅうヒッチハイクでアメリカを旅していた。だがそれは20代のことであり、60年代のことだった。すべてがゆるゆるで、ラブとピースにあふれていた時代のできごとである。今は21世紀で、ウォーターズは70近い。長距離ヒッチハイクをしようとする老人なんているわけがない。それでもなお、ジョン・ウォーターズはヒッチハイクの旅に出た。ネタにして本を書くため? 仕事のない映画監督の破滅願望なのか? この40年間でアメリカがどれだけ変わったのかを確認するためだろうか? つまりは思いついたからにはやらずにいられなかったのだろう。いたずら好きの映画監督はこの歳になっても他人にショックを与えずにはいられなかったのである。段ボールに「I70 West(インターステート70号線西行き)」「狂ってません」「中年の危機」と書いたボードを作り、リーヴァイスのブラック・ジーンズとギャップのTシャツ、パタゴニアのレイン・ジャケットというブランドづくしのブルジョアヒッピーみたいな恰好をしたウォーターズはすぐにアート・スクール風の若者にひろわれる。気持ちのいい若者ハリスは熱狂的なトラッシュ映画ファンで、2人はイザベル・サルリについて語りあう。新作企画に資

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました