西東三鬼・句集「変身」を読む(1)

小説の書評と感想
 角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」より、第5句集「変身」の前半を紹介する。 第4句集「今日」は、今月25日の記事にアップした。リンクより、過去記事へ遡れる。
 句集「変身」は、1962年2月、角川書店・刊。その4月1日に、癌のため62歳で亡くなった。 著者の「あとがき」があり、危篤に陥ったため、友人諸兄の協議により成った、と書かれる。 1951年より約10年の、1,073句より成り、僕が紹介を2回に分けようとする理由である。 角川ソフィア文庫の、155ページ~195ページを(1)前半とする。 新興俳句以来の、前衛の態度を崩さず、第1線を突っ走るには、かなり苦しんだ跡が見える。字余りや、省略など。題材、表現にも、新を求めて止まなかった。 以下に5句を引く。鉄道の大彎曲や横飛ぶ雪病者等に雀みのらし四月の木河豚啖いて甲板(デッキ)と陸に立ち別る癌の兄と別れ直ぐ泣く群衆裡冬越え得し金魚の新鮮なる欠伸写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました