病から医者という「ひと」を見る『患者になった名医たちの選択』

書評総合
人の命に密接に関わる医療の世界と医師という存在に対して、私たちはどこか、特別な感情を抱きやすい。だが、医師たちも同じ人間。彼らにも病は等しく降りかかる。
本書は、病にかかり「患者」となった経験をもつ18人の医師の経験談をまとめた一冊だ。
Source: HONZ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました