「作家逃亡飯」カルロ・ゼン 蝉川夏哉 津田彷徨 暁なつめ 長月達平 日向夏 柴田勝家 理不尽な孫の手 円居挽 みかみてれん 星海社

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはカルロ・ゼンさん、蝉川夏哉さん、 津田彷徨さん、暁なつめさん、長月達平さん、日向夏さん、柴田勝家さん、理不尽な孫の手さん、円居挽さん、みかみてれんさんの「作家逃亡飯」です!コミケで同人誌を発行する作家軽飯の作品の書籍化(と言っていいのか)作品!収録されているのは「作家軽飯」「じゃがトマ警察の生理学」「作家重飯 魚編」「異世界ヒッチハイク・ガイド」「作家重飯 肉編」の5作品です。それぞれが一種アンソロジー的な形式で一つの作品となっており、それをまとめて「作家逃亡飯」としているのでかなりのボリュームですね。ちなみに「作家軽飯」「作家重飯」は同人誌版を買わせていただいています。1作品ずつ紹介しようかと思ったのですが、それだとおそらく4000〜5000字は固い超重たい感想になってしまうので(^_^;)上記5つをそれぞれ簡単に感想書いていきますね。作家軽飯サークル作家軽飯の初同人誌にあたる作品。この時は僕もコミケに出展側として参加していて「あっ、津田さんの同人誌読みたい!」と思って午前中には買いに行くつもりでした。それがまさかの発行部数100部。100部って…嘘やろ…?と思っていたら光の速さで完売していてとにかくすげーしか言葉がなかったです…はい。ちなみに後日メロンブックスで買いました。閑話休題。カルロさん。蝉川さん、津田さんの3人がそれぞれ神保町界隈のお店を紹介するレポ的側面が強い作品が収録されています。締め切りから逃げ、編集から逃げる御三方のそれぞれが食べるご飯は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました