さびしいお家 #リトルゴールデンブック

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ


 



 

人間や動物ではなく「家」が主人公のお話です。

「The Lonely House(さびしいお家)」。

 

街から遠くはなれた丘の上に、ぼろぼろのお家が ぽつんと1軒ありました。

誰も住んでいない このお家はさびしくてしかたありません。

窓も今にもはずれそうで、雨の日は家全体がまるで泣いているようです。

 



 

お家は、誰か家族が住んでくれれば、どんなにいいだろうと思っていました。

 

ある日、おじさんたちがやって来て、お家をどんどん直しはじめました。

 



 

きれいになったお家には、子供がたくさんいる家族がひっこしてきて、とてもにぎやかに。

 



 

もう少しもさびしくありません。

とてもしあわせな家になりました。

 

このリトルゴールデンブックはオーストラリアだけで発売されていたようです。

貴重な1冊です。

 

商品情報はこちらです。

 

 

 





Source: 絵本5

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました