『アイロニーはなぜ伝わるのか?』(光文社) – 著者: 木原 善彦 – 小川 公代による書評

書評総合

『アイロニーはなぜ伝わるのか?』(光文社) 著者:木原 善彦
単線的な目的論(テレオロジー)に抗うアイロニー
言語習得とは、ある環境において、ものをどう考えるかの根っこのレベルで「洗脳」を受けるようなことなのです。これはひじょうに根深い。言葉ひとつのレベルでイデオロギーを刷り込まれている、これを自覚するのはなかなか難しいでしょう。だから、こう言わねばならない。言語を通して、私たちは、他者に乗っ取られている。(千葉雅也『勉強の哲学――来たるべきバカのために』33-34頁)
 アイロニーの本を評するのに、言語のイデオロギー機能についての引用から始めるのは飛躍しすぎではないかと思われるかもしれない。しかし、もしこのアイロニーが他者による自己の乗っ取りを可能にする「言語」から逃れ、疾走しつづけるための一つの媒体であるとしたらどうだろう。また、本書が議論の核心部分で『勉強の哲学』に言及していることにも留意したい。言語の本質にまで敷衍しようとするのが筆者の狙いだとすれば、言語使用者がそのイデオロギー性に自覚的であることの重要性とアイロニーの反逆性は通底するのではないだろうか。本書が詳らかにしようとする種類のアイロニーは、ある特定の文化に特徴づけられるような狭義の意味に限定されるものではない。具体例には、朝寝坊をした人に対してわざと「早起きですね」と反対のことをいうお馴染みの英国風の皮肉はこれに相当するかもしれない。勿論このような皮肉は広辞苑で定義されるより普遍的(ユニバーサル)な用法とも結びつく。第1章では、「表現面と真に表したい事とをわざと反対にし、しかも真意をほのめかす表現

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました