「ネクロマンス(3)」堂本裕貴 マガジンコミックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは堂本裕貴さんの「ネクロマンス(3)」です!前巻の記事↓
ストーリー A魔剣を求めて旅をするシブキたち。彼らは次の目的地であるプラチナ王都に向かう途中、謎の結界に囲まれたエルフの森に行手を阻まれる。エルフたちには長年子どもたちがおらずシブキはエルフたちに子どもを作るように迫られるが…そして王都に到着したシブキたちは教会へと向かうが、サフィの代わりに聖女を務めるエリーゼが現れ…〜触れられなくても気持ちは側に〜シリーズ第3弾!今回はサフィちゃんがめっちゃ可愛かったですね!いやいつも可愛いんですけど、恋する女の子の恥じらいが最高に可愛くてもう悶えまくりでした!面白かったです!相変わらず触れることができないままのシブキとサフィ。ときにバニラにからかわれながらも、2人のペースで距離を縮めていく姿は見ていてニヤニヤできたり微笑ましかったりと読んでいるだけで幸せになれますね!王都に向かう途中、結果が張られたエルフの森で一悶着…うーん、この世界の人間以外の生き物性欲強すぎでは?エルフさんたちは最初は結構強引な感じでしたけど、最後はあんな風にお見送りして爽やかでよかったですね。そして王都へやってきたシブキたち。サフィの人気は凄まじいですね…1巻冒頭でわかっていたことではあるんですけど、それでもこうして描写されると改めて彼女が聖女なんだと認識させられますね。そしてシブキとサフィが…もうなんなんすかこの展開…最高かよ…エロいというよりサフィの恥じらう恋する乙女の表情が本当に最高にか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました