『売れない時代にすぐ売る技術』大原昌人

ビジネス書の書評と感想
ネットで売るためのテクニック
元「楽天市場」プロデューサーの大原昌人氏が、ネットで売るためのテクニックなどについて書かれています。
大原昌人氏は、1週間で683億円の売上最高記録を生み出した「楽天スーパーSALE」の最年少プロデューサーだそうです。
『売れない時代にすぐ売る技術』大原昌人 

4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術
作者:大原昌人
発売日: 2019/10/17
メディア: 単行本(ソフトカバー)

Amazon
楽天

 
「売れない時代にすぐ売る技術』の目次
第1章 人はウソをつくけど、データはウソをつかない◎4万店舗のうち「売れている会社」は何割あるのか?◎「この世代だから売れない」は全部ウソ!◎そもそもデータがない会社はどうすればいいのか?◎30~60代の主婦だけは絶対に無視してはいけない
第2章 売れる法則の「基本」を知っておこう◎4000万人の購買データからわかること◎売上=訪問数×転換率(コンバージョン)×客単価◎「松竹梅原理」を用いた価格設定をする◎なぜIKEAはAmazon、ドン・キホーテは楽天なのか?
第3章 どんな商品が勝手に売れていくのか◎訪問数をアップさせる「3つの方法」◎ネット広告の予算からオススメまで、ぜんぶ教えます◎ネットでは「生卵」がめちゃくちゃ売れる◎「SNSでつぶやこう! 」は駄作の代表例!◎リピーターが3%増える「リピート購入」の仕掛け
第4章 どんなモノでも確実に「すぐ」売る技術◎まずは「クリスマスギフトとろふわチーズケーキが送料無料! 」に学べ◎色使いを変えただけで2億ドルを売

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました