山口 文憲『読ませる技術』(筑摩書房)、村田 喜代子『名文を書かない文章講座』(朝日新聞出版)、岸本 葉子『炊飯器とキーボード』(講談社) – 岸本 葉子によるコラム

書評総合
カルチャーセンターって、どんなとこ?
ひょんなきっかけからカルチャーセンターで、エッセイの書き方を教えている。前に、エディター、ライター志望の人のための講座には出たことがあり、その話をもらったときは、(エッセイに『書き方』なんてあるのか。あったら、私が習いたいくらいだ)と思ったが、もの書きをして十年、日々の仕事の中で、習慣的に注意を払っていることや、バランスをとっていることが、ある気もした。それを、言語化し、人に伝える講座といえようか。エディター、ライター志望のための講座は、若い人オンリーだったが、一般向けのカルチャーセンターとなると、年齢層は広い。女性は二十代からいるが、多いのは中高年。男性はリタイヤドが主。平日六時半からという時間設定のためもあろう。ひとクラス二十五名くらい。受講の動機は、①書くことが好き、②できれば自分の本を出したい、③たまたま私の本を読んだことがあり「現物」ってどんなだろうとの興味から、の三つに大別できるようだ。課題の作文に付けてくる、メモ等からの類推である。「岸本さんファンの若い女性ばかりだったらどうしようと思っていましたが、自分と同じオジサンもいて、ホッとしました」と書いてきた男性もいた。机の並べ方は、コの字やロの字にして講師を囲むという形式ではなく、全員が黒板を向いて座る。そして私は、六時半から八時半まで、途中五分くらいのトイレ休憩のみはさんで、ほぼ二時間、ひたすらひとりで喋りまくる。黒板に書いては消し、書いては消し、何往復するかわからない。手はチョークでまっ白になる。さながら、予備校の授業のようである。二時間のあいだ、受講者は一言も発することはな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました