『ビンゲンのヒルデガルトの世界』(青土社) – 著者: 種村 季弘 – 鹿島 茂による書評

書評総合

『ビンゲンのヒルデガルトの世界』(青土社) 著者:種村 季弘
女性霊能者や幻視者にはなぜか四十代、五十代の中年女性が多い。その場合、中年になって突如霊能力に目覚めたというよりも、若いときにはなんらかの理由で自らの能力を公にできなかったケースがほとんどである。今日、ビンゲンのヒルデガルトと呼ばれる、十二世紀のドイツに生きた最も有名な女性幻視者もその典型である。彼女は四十二歳になったとき、幻視したヴィジョンを公開し始めた。それというのも七歳のときに修道院に入って以来人生の大半を病床で過ごしたからである。それが四十二歳になって「汝の見るものを言え、また書け!」という天上の声を聞いたのだ。そのヴィジョンは、絵のような明晰さをともなっていた。ヒルデガルトはおのれを空しくして「みずからをヴィジョンを写す遠視装置、(天上の)声に共鳴する楽器」と化し、ひたすら「天上のヴィジョン」の記述につとめた。といっても、彼女の場合、当時の公用語であるラテン語を身につけていない「無学な」女性だったから、彼女の言葉をラテン語に翻訳する審判者(コントローラー)の修道士が必要で、この修道士が記述を行ったのである。ヴィジョンには対応する挿絵が添えられた。そこから『スキヴィアス(神の道を知れ)』という、類いまれな幻視の書が生まれた。本書は『スキヴィアス』を紹介しつつ、当時の社会状況と関連させながら、聖女ヒルデガルトの生涯をたどった一冊である。と、こう書くと、著者をご存じの読者は、奇異な感に打たれるかもしれない。なぜなら種村季弘といえば、およそ聖女とは無縁の、詐欺師、香具師(やし)、偽作家など社会のアウトローの発掘に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました