お金の真理 著者 与沢翼

小説の書評と感想
お金の真理著者 与沢翼新たな知識を求めてこの本と出逢う。与沢翼氏といえば、「ブチ抜く力」を読ませて頂いた。失敗も成功も経験した人間だからこそ語れる言葉がある。それは本を読むことによって得ることができる。この本は非常に楽しい本であり、読み応えのある本であった。だからこそ読むべき本である。欲望のブラックホールには近づかないことである。そのとおりである。人間は欲深い生き物である。だからこそ欲が尽きないのである。お金には魔力があります。その魔力に人は惑わせられるのです。賃貸やローンでタワーマンションに住むのは愚の骨頂である。この言葉は経験したことのある人間でないと開けない言葉である。経験したことのある人間だからこそ言葉に重みがある。そしてとても良い言葉がある。過去を反省することでしか自分を進化させることができない。これはとてつもなく良い言葉である。このような言葉に出会うためにも本を読まなければならないし本を読んだからこそこの言葉に出会えたのである。短期的な損は、長期的な得を生み出すと言うことを知っておかなければならない。自分がピンチだと感じているのであれば断捨離をするためのチャンスであると言う考え方を持つべきである。必要十分で満足できる人間は強い。松下幸之助さんによるダム経営の真髄を理解しておかなければならない。なぜなら負債と言うものは必ず返済に迫られるものである。総資産から負債を引いた純資産をいかに持っているかで判断する必要がある。それが本当の金持ちである。年収が高い人でも純資産が多い人に一生かかっても勝てないものである。本当のお金持ちとは年収ではなく「純資産」の多い人だ。ピンチは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました