『じっと手を見る』(窪美澄)_自分の弱さ。人生の苦さ。

小説の書評と感想
『じっと手を見る』窪 美澄 幻冬舎文庫 2020年4月10日初版

じっと手を見る (幻冬舎文庫)

物語の舞台は、富士山が “誇るべき世界遺産” としてではなく、外の世界へ出ようとする者を阻む壁、または外の世界に出た人を引き戻す巨大な磁石のように感じられる町だ。その町で介護士として働く、最後の身寄りである祖父を失くした女性・日奈。日奈の幼馴染でかつて恋人でもあった、同じく介護士の男性・海斗。ふるさとから出たことのない二人に、東京から来たデザイナーの男性・宮澤はここではないどこか広い世界を匂わせる存在だ。離婚により子どもの親権を失った女性・畑中は、誰かに自分を把握されるとその町から出て行くような生活を続けながらも、海斗とは職場仲間としても人間同士としても深く関わってしまう。日奈と海斗、日奈と宮澤、宮澤とその妻、畑中と海斗、死へ向かう人間たちに触れ続ける介護という仕事のすぐ隣で繰り返される、手を伸ばしては離れてゆく男女たちの営み。そこで描かれるのは、決して世間的に “正しい” とされる感情ばかりではない。頁を捲るたび、私たちは、こうすべきではない、と頭で捉えている論理を軽々と砕く心の突起を把握していく。容赦ない心情描写に打ちのめされる、という表現は著者の作品の書評でよく見られるが、もちろんその要素もありつつ、読みながら実は、いびつながらも心の形を整えられているような安心感にも包まれる。(朝井リョウ/解説より)

読みながら実は、いびつながらも心の形を整えられているような安心感 にも包まれる - の 「安心感」 とは、一体

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました