土宮(つちのみや)参拝レポート 〜 伊勢神宮 外宮境内の別宮 伊勢を洪水被害から守った守護神 [伊勢神宮]

書評総合
伊勢神宮の外宮の別宮の一つ、「土宮(つちのみや)」に参拝してきたのでご紹介しよう。
2020年1月、3回目の伊勢神宮参拝。
今回は明階・藤本宏人さん主催の伊勢神宮正式参拝ツアーの一員としての参拝だった。
団体行動だったのですべての別宮に参拝はできなかったが、参拝できた宮はすべて紹介したい。
土宮は外宮の境内にある別宮である。
当日は大雨となったが参拝できて良かった。
さっそく紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

土宮(つちのみや)基本情報

神社名
土宮(つちのみや)

住所
三重県伊勢市豊川町279番地

電話番号
0596-24-1111(神宮司庁)

創建年
不詳

ご祭神
大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)

入場料
無料

駐車場
外宮の駐車場

ウェブサイト
公式サイト
Wikipedia

土宮(つちのみや)御由緒
以下、公式サイトからの引用。
土宮は、古来外宮ご鎮座の山田原の守護神として崇敬されてきました。延暦23年(804)の『止由気宮儀式帳(とゆけぐうぎしきちょう)』には「大宮地神」と記され、長徳3年(997)の『長徳検録(ちょうとくけんろく)』には外宮所管の田社32前の1座として「土御祖神社」の名を見ることができます。 しかし、田社とは今でいう末社にあたり、古代においては別宮ではありませんでした。
大治3年(1128)に宮川堤防の守護神として別宮に昇格しましたが、田社から別宮の地位に昇格したのは特別な理由があったものと推察されます。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました