『塚本晋也×野火』(游学社) – 著者: – 柳下 毅一郎による書評

書評総合

『塚本晋也×野火』(游学社)
日本の映画界は、塚本晋也が自主製作でしかこの映画を作れなかった事実を恥じよ
この夏もっとも見るべき映画 / 執念で作り上げた渾身の一撃 /『野火』にまつわる副読本
(※ALLREVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2015年)『私の少女』のヤン・ヨンヒ監督は「『野火』にお金を出さなかった製作会社は恥じるべきです」と言ったという。ぼくもその言葉には120パーセント同意する。塚本晋也の『野火』は2015年の夏に公開されるもっとも重要な映画である。もっとも面白い映画ではないかもしれないし、最高の映画でもないかもしれない。だが、もっとも観るべき映画であるのはまちがいない。この映画を、塚本晋也は自主製作で作ったのだ。
高校時代にはじめて大岡昇平の『野火』を読んで以来、塚本晋也の中にはずっとこの小説があった。1999年、フランスのTV局に企画として提案するが、予算の都合で折りあわずに終わる。2005年、釜山映画祭の企画コンペに持ち込むが、やはり映画は作られなかった。興味を持った会社もあったが、いずれも巨額な予算(6億円)に恐れをなしたのである。2012年、傑作『KOTOKO』の次回作として、塚本は3度映画化を考えはじめる。具体的な当てもないままに書きはじめた脚本が完成し、それでもなお製作会社は見つからない。それでも映画化をあきらめないのが塚本晋也の恐ろしいところである。塚本はふたつの選択肢を考えた。ひとつはアニメ映画化である。冗談のようだが、本気でアニメを作るつもりだったらしい。もうひとつはたったひとりで撮ること。カメラを持って単身フィリピンに渡り、主人公

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました