「専門ブログ」か「総合ブログ」か

書評総合
ブログで情報発信をしていくときに、一つ決めておかなければならない大切なことがあります。
それは「ブログに何を書くか」です。
言い方を変えると、「ブログで扱う内容は何にするのか」を決める必要があります。
特に重要になるのは、「一つの分野に絞った専門ブログを作るのか」。
それとも「多彩な分野について書く総合ブログを作るのか」という点です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

専門ブログと総合ブログそれぞれのメリットとデメリット
ご存知のとおり、僕のブログは完全な「総合ブログ」です。
2008年にブログをスタートさせるときから明確に「総合ブログ」を作ろうと思っていました。
当時は「総合ブログ」という言葉は思い付いていませんでしたが、イメージは明確でした。
ちなみに「総合ブログ」という言葉は僕が作った造語です。
尊敬する村上春樹さんがご自身の小説を「総合小説を目指す」と書かれていたのにインスパイヤされ、「総合ブログ」と名付けたのです。
ブロガーの方によっては「雑記ブログ」という呼び方をしている人もいますが、僕としてはちょっとイメージと違う感じで、「総合ブログ」の方が気に入っています。
セミナーや個人コンサルなどで良く受ける質問が、「専門ブログと総合ブログのどちらが良いんですか?」です。
答えをひと言で言ってしまうと、「あなたがどうなりたいかによって、どちらを選ぶべきかが変わる」のです。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました