『孤塁』初めて語られた双葉郡消防士たちの「あの日」

書評総合
2011年3月11日、福島県双葉郡では、多くの学校で卒業式が執り行われていた。通い慣れた校舎に名残惜しさを感じながら、子どもたちは未来への希望に胸を膨らませていたに違いない。だが14時46分、巨大地震がこの地を襲った。
本書は、双葉郡の消防士たちが初めて「あの日」について語ったノンフィクションである。
Source: HONZ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました