『綺譚集』(津原泰水)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『綺譚集』津原 泰水 創元推理文庫 2019年12月13日 4版

綺譚集 (創元推理文庫)

散策の途上で出合った少女が美しく解剖されるまでを素描する 「天使解体」、白痴の姉とその弟が企てる祖父殺し 「サイレン」、凌辱された書家の女弟子の屍体が語る 「玄い森の底から」 等、妖美と戦慄が彩る幻想小説や、兎派と犬派に分かれた住民たちの仁義なき闘争を綴る 「聖戦の記憶」 の黒い笑い、失われた女の片脚を巡る 「脛骨」 の郷愁、ゴッホの絵画を再現した園に溺れゆく男たちの物語 「ドービニィの庭で」 の技巧等々。文体を極限まで磨き上げた十五の精華を収める。孤高の鬼才による短篇小説の精髄。(創元推理文庫)

[サイレン] 幾子から祖父殺害の企てを聞かされた公太朗は、この半年のあいだ彼女の内面をプランクトンのようにうようよと満たしてきた悪意が感情の食物連鎖の果てに殺意の怪魚をよびよせるに至ったことへの快哉とともに、その奇蹟を孕んで平然としている姉の澱んだ内海のように豊饒な肉体にいつか自分自身も嚥下されるに違いないという予感を得る。予感は少年の腰骨の内部にすばやく堆積してじんじんという疼痛に変わる。

幾子が笑ってブラウスに包まれた乳房を弟の背中におしつける。中途半端に日灼けした手が彼の脇腹を滑ってズボンの前のあわせめに達する。柔らかい掌が陽物の腹を上下する。その屈託ない動作は無垢な性衝動とは薄皮一枚で隔たった背徳への好奇心の内側に留まって満足しているか、公太朗をじらしている。

あんた変態じゃねえ。じいさん殺すいうたら勃起しよる。しとらんわ。幾子の笑い声が高まる。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました