「平和の発見 巣鴨の生と死の記録」花山信勝

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★☆☆(74点)

■東京裁判で裁かれた戦犯が収容された
 巣鴨拘置所では、牧師と仏教僧が
 配置されていました。

 著者は巣鴨拘置所の仏教僧として
 死刑囚の最後に寄り添い、
 最後の言葉、遺書を預かったのです。

 主に死刑囚の言葉を記録していますが、
 多くの死刑囚は自分の死に対して
 どういう意味を与えるのか、
 考えているように見えました。

・人生は50年だ。早や、5年も過ぎた。父が、53歳でなくなったように記憶している。やっと、2年しか永く生きなかった。しかし、若くして死んだ部下のことを思えば、ぜいたくもいえまい。多くの部下は、新しい日本建設の礎石として死んだのだ。余も、その仲間入りをするのだ(尾家大佐)(p147)

■そもそも東京裁判が戦勝国が
 敗戦国を人道・平和への罪で裁く
 という取って付けたようなもの。

 裁判の中では、黙秘、否認した人が
 無罪となり、まじめな人が
 死刑となるという理不尽なことも
 あったようです。

 巣鴨に収容された人の中でも
 死刑囚となった人もいれば、
 無罪となって戦後日本の実力者と
 なった人もいる。

 うまくやった人が得をするというのは
 いつの時代でも変わらないのだな、
 と感じました。

・裁判の判決については、この際いうことを避けたい。いずれ冷静な世界識者の批判によって日本の真意のあったところを了解してもらえる時代もくるであろう(東条英機)(p254)

■この本を読みながら、
 日本から逃亡したカルロス・ゴーンが
 頭の中に浮かびました。

 日本の司法制度を批判

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました