小説の書評と感想

一気に見たい、映画や漫画 うしおととら 銀英伝 マトリックス などなど

私を構成する5つのマンガみなさんたくさんやってくれてありがとう!セレクトが人それぞれでおもしろーい!こういうの楽しい。まだまだ募集してますので、引きこもり生活の暇つぶしに考えてみてください。一気に見たい映画や漫画……昨日までサンデーうぇぶり...
絵本の書評と感想

ぞうの天敵はねずみって、ほんと?

JUGEMテーマ:本 3月11日のおまけみたいなものです。 先日の「豆ぞうの冒険(Goliath II)」では、ちっこいねずみが 森の王者であるぞうさんの唯一コワいものということになっていました。 ...
小説の書評と感想

「如何様」 高山羽根子

敗戦後、戦地から復員した画家・平泉貫一は、出征前と同じ人物なのか。 似ても似つかぬ姿で帰ってきた男は、時をおかずして失踪してしまう。 兵役中に嫁いだ妻、調査の依頼主、妾、画廊主、軍部の関係者たち――何人もの証言からあぶり出される真偽のねじ...
書評総合

法と道徳の境界:リクライニングと横断歩道

 このところ、ぼんやりしていると、いつの間にか、法と道徳の臨界について考えている自分がいる。難しい話ではない。具体的な2つの事例で書いてみたい。 1 飛行機や長距離列車の座席の背もたれを自由に倒してよいか? 飛行機や長距離列車の座席の背もた...
書評総合

「なぜかお金が貯まる人」の 10の小さな良い習慣

お金は大切だ。 日本では昔から「お金にガツガツしている人はみっともない」という考え方がある。 だが、これを真に受けて「お金なんかどうでもいいや」と思って生活してはいけない。 お金は大事なものなのだとハッキリ自覚して生きるべきだと僕は思ってい...
書評総合

引き篭もりは楽しい

今週末は外出自粛の二日間。 もともと予定も入れていなかったので、いつもどおりの引き篭もりデイズが続く。 引き篭もりビジネス、これからどんどん流行るだろうね。 //pagead2.googlesyndication.com/pagead/j...
ビジネス書の書評と感想

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「新生活キャンペーン」】

3-19 / basykes 【はじめに】◆今日は朝から、明日終了するKindleセールの「終了前日ランキング」を。 今回対象となるのは、3回に分けて記事にした「新生活キャンペーン」になります(なお、同日終了の「Kindle春の大セー...
小説の書評と感想

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 テミスの剣 (文春文庫) 昭和五十九年、台風の夜。埼玉県浦和市で不動産会社経営の夫婦が殺された。浦和署の若手刑事・渡瀬は、ベテラン刑事の鳴海とコンビを組み、楠木青年...
書評総合

『週刊文春 3/26日号』を買ったのは、どういう人たちなのか?

 『週刊文春』3月26日号。森友問題で自殺した職員の手記はコロナ渦で揺れる市民の心を大きく揺さぶるものでした。大きな話題を呼んだこの1冊の週刊誌は発売2日目で「完売」となっています。 この『週刊文春』はどんな方に読まれたのでしょう。 ...
ビジネス書の書評と感想

『定年博士~生涯現役、挑戦をあきらめない生き方』

70歳からの挑戦で、77歳で経営学博士号を取得した経営コンサルタントの「あきらめない生き方」についての本があります。     本日紹介するのは、1941年生まれ、早稲田大学第一理工学部卒、日本ビクター … 続...
書評総合

「犬と勇者は飾らない」あまなっとう オーバーラップ文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはあまなっとうさんの「犬と勇者は飾らない」です!ストーリー B内容は、中学一年生の夏、幼馴染みの女の子に告白し見事に振ら...
小説の書評と感想

季刊同人歌誌「COCOON」Issue15を読む

 結社「コスモス短歌会」の若手歌人による、季刊同人歌誌「COCOON」Issue15を読み了える。 同誌の到着は、今月19日の記事、届いた3冊を紹介する(8)にアップした。リンクより、関連過去記事へ遡り得る。  2020年3月15日、COC...
書評総合

生きる悪知恵

質問に対して答える形式ですべて書かれていますが、タイトル通り... Source: 読書ログ
書評総合

遺伝子が解く! 愛と性の「なぜ」 (文春文庫)

勝手にこういうタイプの本を女性が書くって珍しいなと思いながら... Source: 読書ログ
書評総合

富山の逆襲 (笑う地域活性本)

地元民として既知のことが多い。 それでも、歴史・文化の点か... Source: 読書ログ
書評総合

誰も置き去りにしない社会へ―貧困・格差の現場から

「生きる」っという基本的なところが危ういのが、今のこの国だと... Source: 読書ログ
書評総合

私の恋人 (新潮文庫)

Wikipediaの純文学で例示されていた作品。2回の生まれ... Source: 読書ログ
書評総合

今週のいただきもの:2020年3月22日週

真牡蠣の旬がそろそろ終わってしまいますね。生でも蒸しても焼いてもおいしい牡蠣ですが、先日、オイル漬けに目覚めました。作り方はビックリするほど簡単です。 Source: HONZ
書評総合

「いきなり!ステーキ」で「コーン」を「ブロッコリー」に無料で変更する方法

リーズナブルなお値段でがっつりステーキを食べたいときに利用する「いきなり!ステーキ」。 そんな「いきなり!ステーキ」に先日ランチに行ったときに、相席していた男性が面白いオーダーをしていた。 「トッピングのコーンをブロッコリーに変更で」。 え...
書評総合

令和2年3月28日土曜日

 暗がりのなかで時計を見たときは4時台だったが、もう6時は回っているだろうと思った。カーテンを少し開くと外は存外に明るい。が、昨日の天気予報どおり、曇りのようだ。外の気温は肌寒いくらいだろうかと気になり、軽装に着替えて家を出て、軽く体操をす...
書評総合

焼肉ホルモン 神田商店 大船店 訪問レポート 〜 コスパ良好の炭火焼肉店でハッピーアワー飲み!19時までメガハイボールが100円!! [大船グルメ]

JR大船駅の笠間口を出てすぐのところにある焼肉とホルモンのお店「焼肉ホルモン 神田商店 大船店」に行ってきたのでご紹介。 先日大船でたまたま見つけて気に入ったお店「大船ホルモンセンター」。 美味しいしコスパも良いのだが、メニューがホルモンの...
書評総合

引き篭もりのお供は「白い巨塔」(唐沢版)

僕は個人的にいつもと変わらない引き篭もりな日々だけど、周囲はちょっと騒々しい。 明日と明後日の週末は外出自粛の2日間となるそう。 僕もなんとなくその気になったりして。 まあ、その気になったってならなくたって、もともと引き篭もって執筆している...
書評総合

マンガでわかる チーズはどこへ消えた? Who Moved My Cheese?/スペンサー・ジョンソン、マンガ 松浦まどか、マンガ 多田あゆ実、シナリオ 星井博文

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)★迷路の中に住む、二匹のネズミと二人の小人。彼らは迷路の中でチーズを発見する。チーズは私たちの人生で追い求めるもののシンボルである。ところがある日、チーズが消えてしまった! ネズミたちは本能のま...
書評総合

いま起こっていることの「本当の意味」を考える習慣 [note]

noteの継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」、新作を公開しました! 世の中はコロナ一色で、生活にも微妙に制限がかかっている。とりあえず今週末の行動自粛の要請が出ているけれど、今週末だけで収束するわけがない。 昨夜ふと振り...
ビジネス書の書評と感想

【問題解決?】『筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」』高松康平

筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」 【本の概要】◆今日ご紹介するのは先日の「未読本・気になる本」の記事でも、予想どおり人気だった問題解決本。 著者の高松康平さんは、大前研一先生率いるビジネス・ブレークスルー大学で専任講師...
書評総合

だしの取り方

・だしの取り方 ・北大路魯山人 ・青空文庫  本書は、タイトルの通り、食道楽で有名な北大路魯山人が、食べ物にとって重要な「出汁」の取り方についての蘊蓄を述べたものだ。書かれているのは、「かつおぶしだし」と「昆布だし」の二つ。 ...
書評総合

『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』鎮痛薬が人々の命を奪う、恐るべき薬物汚染の実態

本書は、オピオイド禍の震源となったバージニア州西部のアパラチア地方で何が起きていたのかを、地元紙の記者だった著者が克明につづったドキュメントである。アメリカ社会をむしばむ恐るべき薬物汚染の実態を伝える一冊だ。 Source: HONZ
書評総合

今週のニュースはこれを読め!:2020年3月22日週

HONZ代表・成毛眞が気になったニュースをまとめてご紹介。今週のニュースはこれを読め! Source: HONZ
小説の書評と感想

県詩人懇話会会報・102号

 今月26日に、福井県詩人懇話会会報・102号を受け取った。 2020年3月30日付け・刊。B5判、18ページ。 昨年10月27日の記事にアップした、「ふくい県詩祭in三国」について、5名が5ページの記事を書いた。  詳細については、今年1...
ビジネス書の書評と感想

『会社にいながら起業して月100万円稼ぐ 新しい起業のかたち 』

「誰もが自由で、好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」これが私のミッションです、と述べて、起業に役立つ「仕組み」、すなわち起業を志す人が時間をかけて、稼ぐ力を身につけることができるプラットフォームを提供しながら、「起業 … 続...
タイトルとURLをコピーしました