小説の書評と感想

定年退職後に "毎月" 20万円を得る! "コツコツ" ワンルーム投資術 著者 斉藤英志

定年退職後に "毎月" 20万円を得る! "コツコツ" ワンルーム投資術著者 斉藤英志新たな知識を求めてこの本と出逢う。ストック(貯蓄)からフロー(定期収入)へ!マスコミが騒いだ2000万円問題。毎月26万4000円は年金21万から差し引...
小説の書評と感想

『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷 罪の名前 (講談社文庫) 木原音瀬著 「罪の名前」高校1年で優等生の日向には虫やカエルを生きたまま食べる性癖があった。秘めた欲望を知る幼なじみの隼人とは2人だけの秘...
小説の書評と感想

アニメ→原作漫画 夜更かし

案の定ですわ。やっぱり買っちゃった。呪術廻戦(そしてひっそりと『ゴールデンカムイ』の公式ファンブック…)アニメから原作漫画に行く流れが定番になりつつあります。既刊が10〜20巻前後だと大人買いしやすい。アニメ観て買った漫画たち『進撃の巨人』...
書評総合

アフリカで誕生した人類が日本人になるまで

猿人からホモ・サピエンスへの進化 私たち日本人の遠い祖先であり、最初の人類でもある猿人は、1000万〜700万年前のいつか、アフリカで誕生したとされている。200万年前よりも古い人類の化石は、アフリカでしか発見されていない。しかもアフリカの...
書評総合

足芸少女こむらさん(1)

・足芸少女こむらさん(1) ・灰刃ねむみ ・秋田書店  主人公は月長ヨシオという高2の男子。ある日彼のクラスに転校してきた雑技団で足芸をやっているという小叢井こむらという少女が転校してくる。彼女はなんでも足でやってしまう。...
ビジネス書の書評と感想

「フェアリーと出会って幸せになる本」ヒーラーよしこ

【私の評価】★★★☆☆(74点) 内容と感想 ■フェアリー(妖精)って何んだろうと  手にした一冊です。  フェアリーは自然の中にいるもので、  常に笑顔で楽しそうで  良い波動を出しているという。  確かに大自然という...
ビジネス書の書評と感想

【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(2020年12月)

【はじめに】◆今日お送りするのは、月初恒例の「Kindle月替わりセール」の12月分。 昨日でKindle本キャンペーンも終わったことですし、落ち着いて作品を見て行きたいと思います。 さて、12月の対象作品は全体で126冊と、10...
小説の書評と感想

生体検査・他の結果を聞きました

 11月11日の記事で、S総合病院内科での検査を報せました。血液検査、エコー検査、MRI検査(CT検査と書いたのは、誤まりでした)を受け、入院検査が決まりました。  17日の記事で、入院予告をしました。  19日の記事では、入院しての膵臓腫...
書評総合

『藤原俊成 中世和歌の先導者』(吉川弘文館) – 著者: 久保田 淳 – 大野 順子による書評

『藤原俊成 中世和歌の先導者』(吉川弘文館) 著者:久保田 淳 中世和歌を学ぶ者たちへ、導きの一冊 ―「和歌史の巨人」藤原俊成の生涯を丹念に辿る― 藤原俊成という歌人は、一般には『百人一首』や『新古今和歌集』の編纂者として著名な藤原定家の...
小説の書評と感想

自分で考えて動く社員が育つOJTマネジメント 著者 中尾隆一郎

自分で考えて動く社員が育つOJTマネジメント著者 中尾隆一郎新たな知識を求めてこの本と出逢う。OJTは学ぶ気がある相手に、きちんと教育をすらば、大きな効果があるという事です。ポイントは学ぶ気があるかどうかですね。学ぶ気が無ければ一生懸命...
ビジネス書の書評と感想

『これからは入社5年経ったら、もう独立起業しなさい!』

「入社5年目というのは、これから独立起業をする上で重要な『ビジョンが明確に見えてくる』こと、また『スキルが十分に身についている』ベストなタイミングなのである。」と提唱している本があります。     本 … 続...
書評総合

薬屋のひとりごと(7) (BGC)

 7巻なので基本構造は割愛。  原作を読み、もう一つのコミ... Source: 読書ログ
書評総合

園田茂人『アジアの国民感情』(中公新書) 7点

 近年はすぐに「親日/反日」といった言葉が使われますし、米中対立の激化によってアジアでも「その国はどちら側なのか?」といった具合に、ある国を二項対立で位置づけることはしばしばなされています。 しかし、当然ながらそんな単純ではないわけです。中...
書評総合

歌舞伎座の怪紳士 (文芸書)

久澄は就職せずに実家で家事手伝いをする退屈な毎日。 そんな... Source: 読書ログ
書評総合

翻訳家になる!―翻訳家になるための愛と勇気の翻訳術 (CWSレクチャーブックス)

 小説やエッセイの英訳を担当する方々、並びにそれと関わりのあ... Source: 読書ログ
書評総合

本を閉じると、廃墟が広がる 『ホテル・アルカディア』のデカダントな創造力―第30回ドゥマゴ文学賞レポート

本を閉じると、廃墟が広がる――『ホテル・アルカディア』のデカダントな創造力 『ホテル・アルカディア』(集英社) 著者:石川 宗生 今年で30回目を迎えるドゥマゴ文学賞が11月3日に発表された。受賞作は、石川宗生さんの『ホテル・アルカディア...
書評総合

未来のサイズ

短歌は、日々の心の揺れから生まれる。どんなに小さくても「あっ... Source: 読書ログ
書評総合

ReLIFE (15) (アース・スターコミックス)

前職を3か月で退職し、求職中の海崎新太。元々大学受験で2浪し... Source: 読書ログ
書評総合

【YouTube無料生放送】年末スペシャル!2020年12月18日(金) 杉江松恋×倉本さおり×豊崎由美「あのとき紹介したかった本、2020」

月刊ALL REVIEWS年末スペシャル!2020年12月18日(金) 19時30分~21時杉江松恋×倉本さおり×豊崎由美「あのとき紹介したかった本、2020」YouTube生放送 2020年の読書、総まとめ!お三...
書評総合

『思い出トランプ』(新潮社) – 著者: 向田 邦子 – 尾崎 秀樹による書評

『思い出トランプ』(新潮社) 著者:向田 邦子 平凡に生きる男女の心の深淵 放送作家として長いキャリアをもつ向田邦子が、はじめて書いた小説で直木賞を受賞したのは昨年夏だが、その受賞作三篇をふくむ連作短篇集「思い出トランプ」が刊行された(A...
絵本の書評と感想

11周年を迎えました。

JUGEMテーマ:絵本のたからばこ こんにちは、ブッククーリエ店長の Tote です。 今日から12月。 リトルゴールデンブックとピクシー絵本専門のヴィンテージ絵本ショップブッククー...
書評総合

オードリー・タンの素顔に迫る! コロナ禍で活躍した「天才」の驚くべき経歴と優しい人柄

Source: アエラ書評
絵本の書評と感想

絵本のちからと胎内記憶教育お話し会@デジカメ&パソコン教室 はじめの一歩開催しました

【胎内記憶教育お話会】のレポートがすっかり遅くなってしまいました。ごめんなさい。今日から師走。12月は私や夫の誕生日があったり、クリスマスや忘年会や、知人のコンサート。寒いけれど あたたかなイベントもあったりして大好きなんですけどね。今年は...
書評総合

ノックの音が/星新一

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)ノックの音とともに、二日酔いの男の部屋にあらわれた見知らぬ美女。親しげにふるまう彼女の正体は? いったい、だれのところへ、どんな人が訪れてきたのか。その目的は。これから部屋の中で、どんなことがお...
書評総合

真・億万長者思考

「なりたい」ではなく「なる」 億万長者になることは、実はとても簡単なことである。自分のことをラッキーだと思うことが本当に大事である。強運になりたいと思う人は10年後も「強運になりたいという人生」を歩んでいる。億万長者になりたいと思う人は、2...
ビジネス書の書評と感想

【思考術?】『対比思考 最もシンプルで万能な頭の使い方』小柴大輔

対比思考 最もシンプルで万能な頭の使い方 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事でも人気を集めていた思考術本。 「対比」という考え方自体は、以前からあるものですが、それを体系的にまとめることで、「思考術」...
書評総合

『アウグストゥス: 虚像と実像』(法政大学出版局) – 著者: バーバラ・レヴィック – 本村 凌二による書評

『アウグストゥス: 虚像と実像』(法政大学出版局) 著者:バーバラ・レヴィック 平和を実現するための計算高さ 世に英雄とよばれる定番は、アレクサンダー大王、カエサル、ジンギスカン、ナポレオンなどである。なぜだか、ローマ帝国の創設者アウグス...
書評総合

どうしてあなたはそんなにいい子ちゃんなの? 『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』

HONZが送り出す、期待の新メンバー登場! 中野 亜海は三味線と江戸時代を趣味に持ちながら、実用書やビジネス系の本も手掛ける敏腕編集者。今後の彼女の活躍にどうぞ、ご期待ください! Source: HONZ
ビジネス書の書評と感想

「組織と働き方を「変える・変えない・先延ばす」さて、どうする」上村紀夫

【私の評価】★★★☆☆(72点) 内容と感想 ■著者は産業医として組織と関わりながら  人事担当者への支援・コンサルを  行っているとのこと。  最近はワークライフバランスで残業が減り、  コロナ禍の影響で在宅勤務が増え、 ...
小説の書評と感想

12月カレンダー、3種を紹介します

 2020年の12月の初日、12月のカレンダー3種を紹介します。 11月カレンダー3種の記事は、11月1日にアップしました。 プロ・マンガ家、インスタグラマー(フォロワー・3万9千人)、あんこと麦とのブロガーとして、またTwitter、Yo...
タイトルとURLをコピーしました