ビジネス書の書評と感想

『三行で撃つ』近藤康太郎・著 vol.5703

【朝日新聞・名物記者が教える25の文章技術】 Amazon.co.jpの詳細ページへ » 本日ご紹介する Source: ビジネス書①
ビジネス書の書評と感想

【Amazon】このブログでの人気本(2021年01月ランキング)

Amazon Kindle Ebook Reader / Tolbxela 【はじめに】◆本日2本目の記事は、2021年01月分の月別売上ランキング。 今回こそは、と大規模セールを待っていたら、おかげさまで「Kindle本キャンペーン...
書評総合

【「本屋大賞2021」候補作紹介】『逆ソクラテス』――敵は先入観。理不尽な世界に立ち向かう子どもたちを描く短編集

Source: アエラ書評
小説の書評と感想

2021年2月後半お弁当記録 旦那弁当 娘弁当

とくに理由なく更新が空きました。敢えて理由を探すなら、花粉症のせいですかね……今年は花粉がすっごい!という前評判偽りなし。アレルギーの薬は去年から服用し続けてるのに目も喉も痒いしくしゃみも出るよー!こんなの久しぶりだわ。布マスクは網目が荒い...
ビジネス書の書評と感想

「ちょっと神さまになってみました 死んで分かった、あの世の仕組み」荒川 祐二

【私の評価】★★★★☆(80点) 内容と感想 ■現役の住職さんが監修者として  仏教の世界をくだけたストーリーで  教えてくれる一冊です。  人が死ぬと「死出の山」を  7日間歩き続け、三途の川で  最初の裁判が開かれるとい...
書評総合

ダムマンガ 2

・ダムマンガ 2 ・井上よしひさ ・少年画報社  黒部弓見は、男の子たちからダム子とからかわれるのがいやで、女子高である私立荒玉女子高に進む。そこで八田かなんというクールビューティな先輩と出会う。そのかなん、大のダムマニアで...
ビジネス書の書評と感想

【50%ポイント還元】「Kindle本キャンペーン」のPHP研究所の追加分をお送りします!

【はじめに】◆今日は朝から、Kindleの公式セールのご紹介を。 先日来ご紹介している、こちらの「Kindle本キャンペーン」の続きなのですが。 Amazon.co.jp: 【50%ポイント還元】Kindle本キャンペーン: Ki...
書評総合

地図の世界がいまアツい!『地図づくりの現在形』

読書の楽しみは、煎じ詰めれば、「これまで知らなかったことを知る」ことにある。その喜びは何物にも代えがたい。だから本好きにとって最高の本というのは、書かれていることが「知らないことだらけ」の本なのです。本書はまさにそういう一冊だった。店頭で思...
小説の書評と感想

頂いた4冊の詩集

 今月14日の記事にアップした、第43回 会員の詩書を祝う会のおり、受付の脇に笠原仙一さんの詩集が6、7種類、平積みされてご自由にどうぞ、という事だった。   僕は記憶にない4冊を頂いて来たので、ここに表紙をアップする。 笠原仙一さんの第2...
書評総合

がんになった私がした30の実験

がんになった私がした30の実験満足度★★★ 付箋数:23 posted with ヨメレバ上野淳 サンライズパブリッシング 2021年02月22日頃楽天ブックスAmazonKindleサンライズパブリッシングさんより献本頂きました。ありがと...
書評総合

狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎

図書館本。 刀剣商ちょうじ屋光三郎シリーズ第一弾。七篇収録... Source: 読書ログ
書評総合

「彼女は僕の「顔」を知らない。」古宮九時 メディアワークス文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは古宮九時さんの「彼女は僕の「顔」を知らない。」です!⚠︎致命的なネタバレはないですがミステリ作品の感想のため未読の方は...
書評総合

「彼女は僕の「顔」を知らない。」古宮九時 メディアワークス文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは古宮九時さんの「彼女は僕の「顔」を知らない。」です!⚠︎致命的なネタバレはないですがミステリ作品の感想のため未読の方は...
書評総合

マリーミー! 2 (LINEコミックス)

1巻読んだ時点では、そこまで、、だったんだけど、2巻読んでみ... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

『20代にとって大切な17のこと』 本田健・著 vol.5702

【本田健、20代への書き下ろし】 Amazon.co.jpの詳細ページへ » 本日ご紹介する一冊は、『ユ Source: ビジネス書①
書評総合

パクス・ロマーナ

紀元前一世紀末のローマでは、少子化傾向が顕著になっていました... Source: 読書ログ
書評総合

夜市

夜市---ある秋の夕暮れ。高校時代の同級生・裕司のアパートを... Source: 読書ログ
書評総合

『自転しながら公転する』(新潮社) – 著者: 山本 文緒 – 平松 洋子による書評

『自転しながら公転する』(新潮社)著者:山本 文緒 Amazon | honto | その他の書店 ゆっくり答えに向かう女性たちの等身大の姿を描く 「来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから」尾崎紅葉の小説『金色...
書評総合

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった

言葉のマジシャン、せきしろさんの自叙伝か。北海道から上京した... Source: 読書ログ
書評総合

【画像】閉店しまくりのTSUTAYA、ついに反撃開始・・・本、パン、ビール、スタバ珈琲、ハイボール食べ飲み放題でこの値段だと!?

1 :ち-ん 60分食べ放題飲み放題で1,300円のTSUTAYAができたの知ってます?充電もできてWiFiフリー、1日利用で3,500円。TSUTAYAライブラリーの本も読み放題。生ビールはヒューガルデン。ハイボールも金宮も、スタ...
書評総合

【後日視聴受付中!!】「風の時代の新・総合情報発信スタイル」セミナー開催しました!!

2月23日(火・祝)に「風の時代の新・総合情報発信スタイル」セミナーを開催しました!! 今回も会場受講は5席限定とし、Zoomでのライブ視聴、そして後日視聴の動画セミナーというハイブリッド形式で開催いたしました。 直前の告知になってしまいま...
書評総合

大河ドラマ「青天を衝け」1~3話を仏文学者・鹿島茂先生が特別解説!

『渋沢栄一 上下』(文藝春秋)『渋沢栄一「青淵論叢」 道徳経済合一説』(講談社)『文春ムック 渋沢栄一 道徳的であることが最も経済的である』(文藝春秋)『渋沢栄一: 天命を楽しんで事を成す』(平凡社)など渋沢栄一に関連する著書多数の仏文学者...
絵本の書評と感想

”「絵本講師になったわけ」のおはなし②”

こんにちは。ひだまり花梨館 香川ミカです。絵本のちからや、胎内記憶教育を通してほっこりかろやかになるヒントをお届けできたらと思っています。~*~*~*~いきなりですが、運をよくする方法の一つとして私が実感していることに「動く」ということがあ...
書評総合

続々・ヒーローズ(株)!!!/北川恵海

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)ごく普通の青年・修司が、ヒーローをつくるお手伝いを始めて早数年。クセ者揃いの依頼人のために奮闘する毎日に、ようやく慣れてきた。しかし今回、修司が任されたのは、ヒーローズ(株)の新入社員候補の教育...
小説の書評と感想

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙る (文春e-book) 大物彫刻家が遺した縮小模型、素人の蔵に眠っていた重文級の屏風、デッドストックのヴィンテージ・アロハ・・・・・・・。こいつは金になる - 。古...
ビジネス書の書評と感想

【真のマネジメント?】『これからのマネジャーが大切にすべきこと 42のストーリーで学ぶ思考と行動』ヘンリー・ミンツバーグ

これからのマネジャーが大切にすべきこと 42のストーリーで学ぶ思考と行動 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事にて大人気だった1冊。 経営本やマネジメント本に定評のある、ヘンリー・ミンツバーグ教授の最新...
ビジネス書の書評と感想

「ドナルド・キーンの東京下町日記」ドナルド・キーン

【私の評価】★★★★☆(81点) 内容と感想 ■2年前に亡くなった日本文学者  ドナルド・キーン(怒鳴門鬼韻)さんの  本があったので手にしてみました。  日記なので、重複があるものの  なぜ日本に興味を持ったのか、  なぜ...
小説の書評と感想

一茶「七番日記」(下)を読む(8)

 岩波文庫の一茶「七番日記」(下)より、8回めの紹介をする。 同(7)は、今月6日の記事にアップした。  今回は、文化14年7月~12月の半年分、330ページ~366ページ、37ページ分を読んだ。 安住の郷里の四季を吟じ込んで励みがある。人...
書評総合

生物多様性を問いなおす ――世界・自然・未来との共生とSDGs

生物多様性を問いなおす ――世界・自然・未来との共生とSDGs (ちくま新書)posted with ヨメレバ高橋 進 筑摩書房 2021年01月08日頃楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★付箋数:22「あなたは、蚊...
書評総合

銭 七巻 (BEAM COMIX)

 完結巻故基本構造は割愛。  前回の死者の続きから、ホスト... Source: 読書ログ
タイトルとURLをコピーしました