小説の書評と感想

小説の書評と感想

「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」 宮部みゆき

そなたの罪を告白せい 恐ろしくもいとおしい極めつきの怪異と不思議。おちかに代わり、新たな聞き手は富次郎。心揺さぶる江戸怪談、新章突入― 再会した友が語り始める一家離散の恐ろしい運命(第一話「泣きぼくろ」) 村の女たちがに登ってはな...
小説の書評と感想

浅田彰「逃走論」を読む

 浅田彰「逃走論」を、対談、鼎談を除いて、読み了える。 入手は、今月16日の記事にアップした。  1984年・3刷、筑摩書房・刊。 対談、鼎談を除いたというけれど、本書では2つが大きな半分くらいを占めている。出て来る思想家の、ドゥルーズ、ガ...
小説の書評と感想

のんびりな会 ニュースな会 アベマTVでアニメ鬼滅の刃一挙放送

中居正広がついた嘘 記者が唸ったSMAP愛に溢れた瞬間【退所会見】【モデルプレス=2020/02/21】タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を行い、3月い.......... ≪続きを読む≫中居正広の巧さに唸るばかり。アレを全て自...
小説の書評と感想

「大名倒産 上下」

◆2020年2月「大名倒産 上下」(文藝春秋)浅田次郎足軽の子として育てられた小四郎は、兄弟たちが夭折したり病弱だったりうつけだったりしたために、突然、越後丹生山三万石の松平和泉守家を継ぐことに。しかしお家は長い間に気の遠くなるような借金地...
小説の書評と感想

「画家が見たこども展」

○2020年2月21日開館10周年記念「画家が見たこども展」(三菱一号館美術館)三菱一号館美術館の夜間開館に行きました。ここは夜に行くと空いてるし、雰囲気もよくて好きです。子供を描いた絵の展覧会です。ゴッホ、ゴーギャン、ルノワールらの絵がま...
小説の書評と感想

森絵都「つきのふね」を読む

 森絵都のYA(ヤング アダルト)小説、「つきのふね」を読み了える。 同・「カラフル」の感想は、今月19日の記事にアップした。  「つきのふね」は、角川文庫、2008年、10刷。単行本:1998年・講談社・刊。 中学生のさくら(話者)と梨利...
小説の書評と感想

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版 貘の耳たぶ (幻冬舎文庫) あの子は、私の子だ。血の繋がりなんて、なんだというのだろう。新生児を取り替えたのは、出産直後の実の母親だった。切なすぎる 「事件」 の慟哭...
小説の書評と感想

KDP(1-5)出版成功!!

 昔の短編小説「底流」の、Kindle出版を目指し、5回めの報告をする。 同・4回めの、プレビューまで、は今月14日の記事にアップした。  前回の記事のあと、「ココナラ」のプロ・デザイナーに1万円で表紙を作ってもらった。ショート・メッセージ...
小説の書評と感想

朝ドラ「スカーレット」しゅわしゅわとつぶつぶ

ワイン飲んでべろべろに酔ってさみしくて「ハチさん」「ハチさん」と泣くキミコ。ひとりぼっちの食卓には、慣れないよね。大騒ぎする父ジョージぎゃんぎゃん文句言う直子、大阪時代だってみんな騒々しかった。静かすぎるひとりきりの生活に、平気な顔して、平...
小説の書評と感想

短歌研究会A第65回

 2月19日(第3水曜日)の午前9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会A第65回を持った。 同・第64回は、先の1月18日の記事にアップした。  僕は早くに目覚め、2度寝せず、ネット操作を少々のあと、用意して出掛けた。喫茶店...
小説の書評と感想

『BUTTER』(柚木麻子)_梶井真奈子、通称カジマナという女

『BUTTER』柚木 麻子 新潮文庫 2020年2月1日発行 BUTTER (新潮文庫 ゆ 14-3) 木嶋佳苗事件から8年。獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく - 男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で...
小説の書評と感想

森絵都「カラフル」を読む

 森絵都のYA(ヤング アダルト)小説「カラフル」を読み了える。昨年暮れに、メルカリより350ポイントで買っている。 文春文庫、2015年37刷。単行本:1998年、理論社・刊。産経児童出版文化賞・受賞。 死んだ筈の魂が、ボス(万物の父)の...
小説の書評と感想

才能の正体 著者 坪田信貴

才能の正体著者 坪田信貴新たな知識を求めてこの本と出逢う。誰しも才能はある、だが気付くかどうかである。才能って生まれつき持っていなかったら手に入らないものなのか?分析する必要がある。人生楽と楽しく明るくなるので、考える必要があるのである。...
小説の書評と感想

麒麟がくる 5回 RPG伊平次をさがせ

文字通り伊平次を追いかけた第5回「伊平次をさがせ」でした。オープニング、好き……伊平次はどこだー!!いへいじー!伊平次はどこだぁああああ!!刀鍛冶伊平次を追いかける十兵衛。ドラクエのNPCのように行った先で「ここにはいません」「ナンチャラの...
小説の書評と感想

海河童「Photo Collection of Philippines」Kindle版を観る

 海河童さんの写真集「Photo Collection of Philippines」Kindle版を観了える。 入手は今月16日の記事にアップした。  2017年6月23日、海河童本舗・刊。137点の写真を収める。 2015年、2016年...
小説の書評と感想

『お金持ち列車』の乗り方: すべての幸せを手に入れる「切符」をあなたへ 著者 末岡よしのり

『お金持ち列車』の乗り方: すべての幸せを手に入れる「切符」をあなたへ著者 末岡よしのり新たな知識を求めてこの本と出逢う。世の中には色々な考え方があります。その中で、どのような考え方をするのか?これが大切な事となります。なぜ桃太郎は子供な...
小説の書評と感想

「死にがいを求めて生きているの」 朝井リョウ

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。二人の間に横たわる“歪な真実”とは? 毎日の繰り返しに倦んだ看護師、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。 交わるは...
小説の書評と感想

名古屋ラーメンまつり第三幕 最終日 3杯ぶんレポート

ひとりで3杯食べたわけじゃないよ一杯目中華そばムタヒロ 肉煮干しそばノーマルむっちりもちもちの麺がおいしいー多加水?黄色いもちもち中太麺チャーシューの厚さもちょうど良く、肉の旨味を感じますスープは味わい深いしょうゆ味に煮干しの匂いがブワッと...
小説の書評と感想

ラーメンまつりの後はハーブスのケーキ

ラーメンまつり第三幕は、最終日に参戦!有給の夫とラブラブデートです。おかげで(ふたりで)3杯いけました。シェアできるといろんな種類のラーメンが食べられて嬉しい。そして食後には、ハーブスのケーキ(ストロベリーチョコレートケーキ)とアールグレイ...
小説の書評と感想

ラーメンまつり最終日

来ました快晴です Source: 小説
小説の書評と感想

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ファーストラヴ (文春文庫) 第159回直木賞受賞作、島本理生の 『ファーストラヴ』 を読みました。 おそらくは、こんなにも哀しい “...
小説の書評と感想

第41回会員の詩書を祝う会

 2月15日(第3土曜日)の午後一時半より、県教育センターの1室で、県詩人懇話会・主宰の「第41回会員の詩書を祝う会」が持たれた。 詩の催しとして、昨年10月22日の記事、「ふくい県詩祭in三国」に次ぐ。ただしこの間に、僕が参加しなかった、...
小説の書評と感想

ラーメンのはずが味噌煮込みうどん

いつもの中華料理店に行ったら臨時休業だった。ので、しとしと雨の中、もう少し歩いてうどん屋さんへ。デラックス味噌煮込みうどんスープは出汁しっかり味噌控えめ。うどんはコシしっかりつるつる。美味しい!年季の入った一枚板のテーブル、優しいお顔のお雛...
小説の書評と感想

誰も書けなかった日本の経済損失 著者 上念司

誰も書けなかった日本の経済損失著者 上念司新たな知識を求めてこの本と出逢う。上念司氏の本としては、『財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済』、『経済で読み解く織田信長「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する』を読ませてもらった。...
小説の書評と感想

入手した3冊を紹介する(7)

 最近に入手した、3冊を紹介する。 まずメルカリより、浅田彰「逃走論」。副題「スキゾ・キッズの冒険」。1984年、筑摩書房・刊。 30数年前の本だが、ふと読みたくなって、メルカリで検索した。需要はあるらしく、数冊が出品されていた。 本阿弥書...
小説の書評と感想

仕事ができる人は店での「所作」も美しい 一流とつき合うための41のヒント 著者 北村森

仕事ができる人は店での「所作」も美しい 一流とつき合うための41のヒント著者 北村森新たな知識を求めてこの本と出逢う。仕事で有能な人というのは、飲食店やホテル、旅館の人から愛されている人なのです。常連客というなは、店にわがままを聞いてもら...
小説の書評と感想

鬼滅の刃 全巻9000えん弱

鬼滅の刃、全巻小学6年生の娘がクラスで流行っているから読みたいというので、大人買いしました。彼女の誕生日プレゼントです。誕生日、もう少し先だけど。9000えんまではしませんでした。 Source: 小説
小説の書評と感想

第12回GA文庫大賞(後期)一次選考結果発表

こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。 第12回GA文庫大賞(後期)一次選考結果発表が行われました。 応募総数816作品で一次通過は246作品だそうです。 私の作品も一次選考を通過することができました。 ホッとしています。 ...
小説の書評と感想

和田たんぽぽ読書会(4)

 2月14日午前10時より、和田公民館にて、和田たんぽぽ読書会が持たれた。 前回の同(3)新年会をかねて、は先の1月15日の記事にアップした。  今回の課題図書は、リチャード・フラナガン「奥のほそ道」(渡辺佐智江・訳、2018年・白水社・刊...
小説の書評と感想

今日はバレンタインデー 友チョコ渡した

本日、いつかの記事(友だちへのお礼品どうしよう)のランチに行ってきた!コメントでいろんな意見くれたみんな、ありがとう!会う日がバレンタインデーになったので、お礼品はチョコレートをメインにしたよ。とっても楽しかった。楽しすぎてごはん写真はデザ...
タイトルとURLをコピーしました