長編小説『不死身の少女を殺す話』

小説の書評と感想

こんばんは、川住河住(カワズミカズミ)です。

長編小説『不死身の少女を殺す話』

不死身の少女を殺す話(川住河住) - カクヨム
不死の体は幸せですか

第13回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫)一次選考通過作品

もみじの木の下で愛を誓い合った二人は一生幸せに暮らすことができる。

そんな伝承が残っている高校の中庭に呼び出された主人公・古津正語。

訪れた先には同級生の女の子・西島ふじみが待っていた。

そこで彼は彼女から告白される。

だがその告白は、二人の関係を大きく変えるものだった。

現代ドラマ、オカルト、青春、都市伝説、恋愛、ファンタジー、嘘、マイノリティ、謎、異能力、秘密などの要素が入った小説です。

現在、小説投稿サイト『カクヨム』にて連載中です。

もし少しでも興味を持っていただけましたらお読みください。

よろしくお願いします。
Source: 小説

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました