この世界の片隅に こうの史代

小説の書評と感想

「この世界の片隅に」を読んだ。

ひさびさの戦争もの。

もうずっと戦争ものからは距離を置いていた。

だってさ。
読んだら絶対に「落ち」る。

ずし……って。
重い暗いどんよりした気分になる。
落ち込む。

なんでわざわざ憂鬱にならなきゃいかんのか。

精神の健康のためにも避けた方がいい。
そう思っていた。

けれども。

ほのぼのしたやさしい絵柄だし、日常生活メインだし、で手に取った。

ほんのりせつないけどあたたかい感動に包まれるんじゃない?
ーって。

違った。

真綿に細い鋭い棘が仕込まれてるように、ふわっとした絵柄でのほほんとした雰囲気で、ぶっすりと深く奥まで刺してくる。

やっぱり痛いじゃん。

 

 

 

広島の原爆ドームも平和記念資料館も行ったことあるし、鹿児島の知覧の特攻平和会館も行ったことがある。

 

一生に一度は行くべきだと思う。

(知覧の特攻記念館は3回行ったけどさ)

 

色々知って、いろんなことを考えるのも大事だと思う。

 

 

 

でも、もう行きたくないなぁ。
あんまり考えたくもない。

 

ほんと、きっつい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



人気ブログランキング    

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: 小説

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました