日本の領海に入って海上保安庁に検挙される外国漁船は、年に1.8隻

書評総合

世界標準の戦争と平和-初心者のための国際安全保障入門

「今日の名言クイズ」の答えは・・

・日本の領海に入って海上保安庁に検挙される外国漁船は、平均すると年にたった1.8隻しかいないのです・・・台湾では多い年で年間約2900隻、韓国では500隻近くが拿捕される(p205)

世界標準の戦争と平和-初心者のための国際安全保障入門
烏賀陽 弘道(うがや・ひろみち)、扶桑社
【私の評価】★★★☆☆(78点)
[楽天ブックスで購入する]

 

■元朝日新聞記者の著者が言いたいことは、
 マスメディアのニュースや記事は、
 編集者によって角度をつけて
 報道されているということです。

 

 報道方針に合うように
 一部だけを切り取ったり、
 見出しを工夫するのは当たり前。

 

 実際の取材では先に結論ありきで、
 結論を補強するコメントを得るため
 走り回っていることもあるという。

 

■そういう視点で尖閣諸島の報道を見ると
 公海である接続水域と領海侵入を
 混同して報道している場合がある。

 

 漁船に限れば、台湾、韓国への
 中国船の領海侵入、拿捕の数は
 桁違いに多いことは報道されない。

 

 さらに、領海であっても無害通航権があり、
 簡単に非難できない構造であることを
 説明していないことを批判しているのです。

 

■いずれにしろ、中国の武装した公船が
 計画的に尖閣諸島の領海侵入を繰り返し、
 既成事実を積み上げている。

 

 もちろん中国は、尖閣諸島への侵攻、
 軍事基地化のオプションも検討している
 だろうが、現在の定期的な領海侵入を
 選択している。

 

 こうした現実を報道するのがマスコミの
 使命であるはずなのですが、
 現実はそうではないことを理解し、
 自ら学ぶことが読者に
 求められているのでしょう。

 

↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったら
クリックをお願いします

いつも応援ありがとうございます

 

続きを本ナビで読む

 

Source: 総合

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました