「ポンコツ令嬢に転生したら、もふもふから王子のメシウマ嫁に任命されました」江本マシメサ ベリーズ文庫

書評総合

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは江本マシメサさんの「ポンコツ令嬢に転生したら、もふもふから王子のメシウマ嫁に任命されました」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、前世で日本の料理人だったアステリアは過労死が原因で令嬢として異世界に転移した。しかし、金に物を言わせる家族となかなかそりが合わずにいた。そんなある日、たまたま参加した国王主催の舞踏会で第三王子のイクシオンと出会う。魔道具の研究ばかりしてる代わりものの彼は聖獣のリュカオンに美味しいご飯をつくってほしいと頼まれる。リュカオンの気にいる食事を作ったことでアステリアはなんとイクシオンの婚約者に抜擢されることに⁉︎果たしてアステリアはどうなってしまうのか…とこんな感じです!

〜美味しい料理でみんなを幸せに〜
江本マシメサさんの新作!ベリーズ文庫さんは初挑戦のレーベルですね。江本マシメサさんの作品は大好きなのですが、なかなか読めずに積みまくっていて…いつかがっつり読んでいきます…作品はコメディ色強めのお料理ものとして楽しませていただきました!面白かったです!
日本で料理人として働くも過労死してしまったアステリア。彼女は異世界に転生して裕福な家の令嬢として育ちます。しかし華美な生活が肌に合わずに…今年社会人になったので「過労死」って言葉に思わず反応いちゃいますね…ははっ…そして舞踏会でたまたま出会ったイクシオンと彼によって召喚された聖獣リュカオンに出会います。リュカオンはもふもふしていてかわいいですね!ちょっと生意気ですけどwそんなリュカオンを納得させる料理を作ったことでお食事係に任命され、さらにはイクシオンの婚約者に!変わり者同士ですけど、料理とイクシオンの作る魔道具のことで意気投合していきます!とにかくアステリアの作る料理は美味しそうでしたね!オムライスやからあげといった定番の品から、ウサギのお肉を使ったスープパイに鯖サンドとちょっと珍しい料理まで前世の知識と経験、そしてイクシオンの自動調理器を使って作っていきます!長崎の要素が入るのもグッド!こういうご当地飯要素があるのいいですね!料理で誰かを喜ばせて絆をつなぐ。そんな瞬間はとてもあったかいですね。そしてリュカオンちゃんの食べっぷりがいいです!最後ませ安心して楽しめる美味しそうな料理とコメディ強めの作品でした!面白かったです!
キャラ A
アステリアはノリがいいですね!前世の知識を生かした美味しそうな料理もグッド!サバサバしているように見えて、しっかりイクシオンやリュカオンのことを考えているのがとても魅力的でした!イクシオンは魔道具の研究ばかりしている変わり者の王子。でもアステリアには優しくて、物語が進むに連れて王族としての自覚も芽生えてカッコいい男に成長していました!リュカオンはかわいい!もふもふ!メルヴたちも一生懸命働いていて可愛かったです!

最後に
サクサク読めて心温まるお料理ものでした!リュカオンやメルヴといった人外メンバーも可愛かったですし大満足です!続刊があるならぜひ読みたいです!

どんな人にオススメか?
お料理もの・スローライフ系の作品が好きな方は!料理はどれも美味しそうですし、リュカオンとメルヴもかわいいです!物語が進むに連れて息ぴったりになっていくアステリアとイクシオンのコンビもいいですよ!気になった方は!
それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ポンコツ令嬢に転生したら、もふもふから王子のメシウマ嫁に任命されました

著者

江本マシメサ

レーベル

ベリーズ文庫

ISBN

978-4-8137-0791-2


Source: 1869

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました