「北斎漫画 2 森羅万象」より第4章

小説の書評と感想

 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)より、第2巻「森羅万象」の第4章「天地造化」を見了える。
 同・第3章「波浪流水」は、今月4日の記事にアップした。

 
 「天地造化」は、27ページに渉り、自然に関わる現象を描いている。
 夕立の野原の道を歩む旅人(「下総〇〇の里 夕立」と題があるけれども、〇〇を読みとれない)から始まる。
 「出羽 秋田の蕗」や「雨」で降雨を描くが、雨は安藤広重が執着強かったようで、「江戸百景 大はしたあたけの夕立」の名品を残す。
 強風に惑う人々を描いて、目に見えない風をユーモラスに印象深く表す。
 「雪中」の雪の里山は、僕に親しい景だ。
 しまいに想像上の「須弥山」(しゅみせん。仏教で世界の中心に聳え立つという高山)の図で収める。
 見開き2ページで1景の、雄大な図が多い。

 このあと散文の第5章「北斎漫画を読む」が続くが、ここでは取り上げない。これで第2巻「森羅万象」のしまいである。
0-74
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



Source: 小説

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました